こんばんは!
Golden Age Project BDの森川です!

最近「揚げ大福」というあだ名を付けられて
ショックを受けています・・・
(そもそもそんな食べ物あるのかな・・・笑)

そんな話はさておき、
前回に引き続き今回も「体幹」についてですね。

今回は実際に僕が活用している体幹トレーニングや
効果的なポイントなどをお伝えします。

僕がフィットネスのパーソナルセッションでも
アスリートに対してのトレーニング指導でもよく使うのが

「ドローイン」。

息を吐いてお腹をへっこませる
腹横筋のトレーニングです。

シンプルですが非常に効果の高いドローイン。
そして奥深いトレーニングでもあります。

腹横筋に効果的に効かせるには
ただへこませればいよいという訳ではないんですね。

腹横筋が入りやすい、

「ニュートラルポジション」
という姿勢を作るのがポイントなんです!

膝を曲げて仰向け寝になった時、

・足と足、膝と膝の間は拳一個分のすき間
・左右のASIS(上前腸骨棘)と恥骨結合を結んだ三角形が床と平行
・腰部と床は手のひら1枚分のすき間
・顔の面が床と平行

を意識してみましょう。
(仰向け寝じゃなくてもポジションは作れます。
言葉がわからなかった方は調べて勉強してみましょう^^)

これが簡単な「ニュートラルポジション」の作り方です。

それだけでただへこませるドローインよりも
腹横筋が入りやすくなります。

ニュートラルポジションを意識した上でのドローイン、
ぜひ現場でやってみてください!!

さらに応用として、
スタビライゼーショントレーニングなどに
ニュートラルポジションを取り入れてみると・・・

すごく効果的な体幹トレーニングになりそうですね!!

トレーニングは発想が大事です。

ドローインやニュートラルポジションを応用して
クライアントが一番効果を出せるメソッドを
考えてみてください^^

では、
そもそも何でドローインを
する必要があるんでしょうか??

なぜ腹横筋で体幹が安定するんでしょうか??

腹横筋の起始・停止、形を考えてみましょう。

ここでは答えは書きませんが、
みなさん自身で調べて勉強してみてくださいね!

ここを理解していることがトレーナーとして
すごく大切です!!

体幹についてはこれからもたくさん
書いていこうと思います。

次回は
「ファンクショナルトレーニング基礎編」。

お楽しみに!

   Golden Age Project Branding Director 森川稔之