こんばんは!
Golden Age Project BDの森川です。

前回はファンクショナルトレーニングの5原則の中から

「分離と協同」

について「腰椎&股関節」を例に説明をしましたが
いかがだったでしょうか??

今回は腰椎と股関節の機能を引き出すための

トレーニング方法についてお伝えしますね!

前回の記事にも書きましたが、

腰椎と股関節は関節の役割において

腰椎は安定させる関節 = (スタビリティ関節)

股関節は動きのある関節 = (モビリティ関節)

という役割を担っています。

股関節を自由に可動させるためには、

まず軸となる腰椎、骨盤を安定させることが大切。

ではその腰椎、骨盤を安定させるためには

どうしたら良いか??

もうGAPANをお読みの方なら、
知っていますよね??

そう!

「ニュートラルポジションでのドローイン」。

(「ニュートラルポジション」「ドローイン」については

以前のブログをお読み下さい。URLはこちらです。
http://ameblo.jp/golden-age-project/entry-11537103335.html)

そのニュートラルポジションを作り、

体幹を安定させた状態で股関節を動かしていきます。

まず運動初心者や、ご年配の方には

仰向けの状態からスタート。

仰向けの状態で体幹を固め

股関節90°、膝関節90°に曲げます。

そこからゆっくりと足の裏を床に着くように

足を下ろして行く。

「そんなの楽勝じゃん!」
って思った方、やってみてください。

ニュートラルポジションを保つのが、意外と難しいんですよー。

気を抜くと、すぐに腰が反り、

腰椎の安定性が保たれなくなってしまう。

または腹直筋ばかりに力が入って
腰椎が屈曲してしまうかもしれませんね。

僕も初めてチャレンジした時は、10°動かしただけで腰が反り、

ブワァーと汗が噴き出ました(>_<)笑
ここからより重力がかかり、

腰椎を安定させるのが難しい姿勢へと

変化をさせ、負荷をかけて行きます。

その姿勢の変化のさせ方は…

気になりますよね??

それはまた次回ファンクショナルトレーニングについての

記事を書く際にお伝えします(笑)

ということで次回は
「ファンクショナルトレーニングを考えてみよう」。

お楽しみに!