こんばんは!

Golden Age Project BDの森川です。

さて、

今回からお送りする「ファンクショナルトレーニング」。

これも今すごく流行ってますよね!

皆さんはファンクショナルトレーニングを

理解していますか?自信を持って人に説明できますか?

僕の中では

「何かのパフォーマンスに直結した動きを

作っていくためのトレーニング」

というふうに理解をしています。

ファンクショナルトレーニングの「ファンクショナル」は

「機能的な」という意味があるのはみなさんも知っていると思います。

では、

「機能的な」

とはどういうことなんでしょうか??

皆さん、プッシュアップ(腕立て)のトレーニングを

思い浮かべて下さい。

プッシュアップは大胸筋や上腕三頭筋を使い、

地面を押すトレーニングですね。

押し合いをやってもなかなか勝てない相手に

何としても勝つため、毎日100回プッシュアップの

トレーニング。

プッシュアップで押す力が付いてきたので、

相手との押し合いに勝てる!と意気込んで再チャレンジ!

しかし全く歯が立たない・・・

あんなにトレーニングをしたのに、何故だろう??

よく考えてみてください。

プッシュアップは

床を押して、後方への力を生み出すためのトレーニング。

相手をに押し倒したいはずなのに、

後ろへの力を鍛えていては、一生勝つことが出来ませんね^^;

しかも、両足を揃えた姿勢で相手を押し倒そうなんて、

運動音痴な人でも、おかしいということに気付きます。

プッシュアップで筋力のベースを作ることは

非常に重要なトレーニングですが、

それだけでは、相手を押し倒すことは出来ません。

相手を押す力を鍛えたいのであれば、

両足を前後に開き、体を前傾させ、

前回記載したニュートラポジションを作って

押す力を鍛えるのが「機能的な」トレーニング!なんです。

・・・ファンクショナルトレーニングのイメージが、

少しは伝わりましたでしょうか?

次回は

「ファンクショナルトレーニング応用編」として

実際に現場での活用例・活用方法を学んでいきましょう!

お楽しみに!

   Golden Age Project   Branding Director  森川稔之