こんにちは。

わっきーこと脇坂大陽です。

いつも読んでいただいてありがとうございます。

週末はJCCAの講師養成セミナーを開催しました。

参加者45名

サポーター15名

講師7名

超大型セミナーです。

僕はサポーターとして参加。

そのセミナーの中でどんな講師になりたいかを話し合うワークがあり、

参加者の1人(僕のセミナーをよく受けてくれていた)が

『わっきーみたいな講師になりたい』と熱く語ってくれました。

久々に泣きそうなくらい嬉しかったです。

人に影響を与えられる人になれてきたのだなと自分の成長を感じました。

ちなみにこのセミナー。

二日間でセミナー時間は22時間。笑

あ、あと今、8月に関東で学生向け勉強会をやろう!!という話しになっています。

学生さんって都合いい日時っていつでしょうか??

都合のいい曜日と時間を教えていただけるとありがたいです。

※このメールに返信してくれればOKです^^

一回目講師は誰か??

それは僕と、学生時にATとJCCA-MTを習得した伝説の男、

元プロ野球選手トレーナーのお弟子さんの予定です。

講師やりたい人も連絡ください。

※この勉強会は終了しています。

さて、今日は【 骨盤 】についてお話ししていきます。

プラス何件がご要望のメールをいただいたので、その内容も加味しながら説明していきますね。^^

ではそもそも骨盤って何ですかね?

そしてどこにありますか?骨盤

何のためにあると思いますか??

何であんな形なんでしょう?

・・・ごめんなさい。質問攻めで。笑

骨盤というものを少し分解して考えていきましょう^^

骨盤は 左右の寛骨 仙骨 ( 尾骨 腰椎5番、4番 ) カッコで区切ったところは

文献によっても違うのですが、絶対に一致しているのは

寛骨 仙骨 ですね。

ま、このあたりを骨盤というわけですね^^

そして寛骨はもう少し分けることができます。

腸骨 恥骨 坐骨

三つで寛骨

つまり

腸骨+恥骨+坐骨 = 寛骨

そして

寛骨+仙骨 = 骨盤

これが骨盤の概要です。

ではこの骨盤。なんのためにあるのか?ということですね。

実は人間の骨盤って直立二足歩行するために神様が作ってくれたものなんです。^^

ポイントは直立二足歩行。

歩く!!ってことです。

直立して歩くためには

◇体重を支えられる安定性

◇体重ごと動かせる可動性

この2つが必要になってきます。

だから骨盤って大事なんですね。

実際に安定性を高めているのは

骨盤 プラス コアの筋群

可動性を高めているのは股関節

ポイントはここですね。

じゃあ、実際にはどーゆーことか?

ここは来週お話ししていきますね^^

他にもこんなことを聞いてみたい!!などあれば教えてください。

学びを共有していきましょう^^

それでは来週も

お楽しみに~^^

質問、ご要望等あればお気軽にメールください^^

【 今日の用語 わっきー的まとめ 】

◇寛骨

腸骨+恥骨+坐骨 = 寛骨

◇骨盤

寛骨+仙骨 = 骨盤

歩くために進化した骨

◇直立二足歩行

両脚で立って歩くこと。

直立→膝が伸びて立っている

◇AT

アスレチックトレーナー

日本では日本体育協会が認定している。

めっちゃレベルが高い。