こんにちは。

わっきーこと脇坂大陽です。

いつも読んでいただいてありがとうございます。

GW終わりましたね^^

どこかに行きましたか??

僕は・・・

ロンドンの大学でPTの勉強している仲間と熱く語りながら飲み~

両親の銀婚式を渋谷のオサレ~なカフェで祝い~

カラーセミナーに行き~

BBQを6時間半して酔っ払って寝て~

宮本さんのNHKの生放送に勝手についていき~

一昨日、ボランティアで仙台に行きました。

そこでは被災者の方にコンディショニングを指導させていただいたり、

被災地のトレーナーの方にコンディショニングの講習をしてきました。

みなさんとても元気です。

自分の力で立ちあがろうとしています。

僕らトレーナーがすることは自立に向けてのお手伝い。

セルフでできるコンディショニングを伝えることが重要だとひしひしと感じました。

みなさんも選手やクライアントにセルフで出来るトレーニングやコンディショニングを

教えてあげてください^^

とっても喜ばれますよ~

では今日もトレーナーの知識を共有していきましょう!!

今回は『ドローイン』に関してです。

ドローイン知っていますか?

一般的にドローインというとお腹を凹ませることとされています。

ピラティスとかでやりますよね^^

やり方は お腹を凹ませた状態で呼吸は止めずにでもおなかは30秒キープ!!

すると、あら不思議~

ウエストが細くなったり、腹圧が高まっている~

・・・なんで?

なんででしょうか?

少し考えてみてください。

OK!!

僕の考えでは

先週お伝えした『腹横筋』『内・外腹斜筋』『腹直筋』をうまく収縮させることが出来ているから、

結果的にお腹の径が小さくなる。

小さくなるということは腹圧も高くなるということです^^

腹横筋が収縮(縮まる)すると全体径が小さくなります。

腹斜筋が収縮すると横径が小さくなります。

腹直筋が収縮すると前後径が小さくなります。

ということが分かると単にドローイン(腹を凹ませる)をするよりもどの筋肉を意識するかによって

効果は変わってきますよね^^

また違う切り口で考えると、

息を吐いていき、自分の呼吸はどれが一番顕著に小さくなるかを感じてみると

◇強い腹筋

◆弱い腹筋

がわかりますよね^^

一回、チェックしてみてください~

ちなみにスポーツ選手の方が腹横筋意識出来ません・・・

すぐに腹直筋入ります。

腹直筋が強すぎて腹横筋の使い方がわからないといった感じです。

昨年、指導させていただいたプロ野球選手も息吐いた瞬間、腹直筋に入りました。

なかなか難しいんですね。

ちなみに僕はピラティスをする時にドローインをきっちりやるようになってウエストが5センチくらい減りました。笑

体脂肪が8%の時に5センチ減ったので脂肪が落ちてウエストが減ったとは考えにくいです。

たぶん内臓の位置が変わった(適切な位置)のかなとか思っています。

面白いですよね^^

一回自分の身体で実験してみてください。

そのほうが説得力があるので~

今週のは少し小難しかったですかね・・・

来週は気軽に読めるような内容で~

じゃあ、夏も近いので『ボディメイクその①』についてお話ししますね^^

ではまた来週~

楽しみにしておいてください。