#桑原佑輔   全力の人を全力で応援する

kuwahara3

GAPと出会ったのはまだ学生トレーナーとして
初々しい2014年春だった。

高校3年時の受験に失敗し1年間の充電期間を経て
2014年春、法政大学スポーツ健康学部に入学した。

小学生の頃から続けていた野球。
高校3年の夏は本気で甲子園を目指した。

しかし、その燃え上がるような想いとは裏腹に
今まで酷使してきた肘を故障してしまった。

自身はその頃をこう振り返る。

「二度と野球ができないんじゃないんか。
1人で筋トレをしてると不安になった。
薬を飲んでも痛みがひかない絶望感を感じた。」

しかし、そのケガの治療をしてくれた
理学療法士と出会えたことがきっかけで
アスレチックトレーナーを目指し始めた。

kuwahara

そしてGAPと出会いたくさんの刺激を受けてきた。

時には先輩から叱られ、
時には涙を流しながら自身の夢を語った。

学生トレーナーとしての、
そしてGAPでの経験を通して
彼はこう思うようになった。

『全力の人を全力で応援したい。』

トレーナーという職業はスポーツ選手と違い、
実際に試合でプレーをするわけではない。

全力な選手をケガで苦しめたくない。
全力の選手を全力でサポートしたい!!

彼の想いは強くなった。

そんな桑原の夢は

『スポーツ現場でのケガを無くすこと。』

自身の苦しかった経験を活かして
今後もトレーナーとして飛躍するだろう。

kuwahara1

桑原佑輔スタッフページ
http://www.gap-sports.net/staff/tokyo_staff/kuwahara_yuusuke/

 

全国の勉強会情報
http://www.gap-sports.net/seminar/

 

written by よしたく