remind-for-goal-achievement

Golden Age Project運営のかつおこと川勝です。
今年も残りあと10日を切りました。毎年のことですが時間が過ぎるのは早いな~汗、と感じますね。

もう来年に向けて目標を立てている人もいると思います。
その前に・・・今年の目標、達成しましたか?どんどん前に進むのもとても大事ですが、、、振り返ってみて、うまくいったのか、それともいっていないのか、うまくいっていないとしたらなぜそうなったのか、うまくいくためにどういうふうに行動を変えていくのか、という振り返りも重要です。

せっかくなので、ここでは自分の経験を踏まえて、目標を達成できない大きな理由の1つをシェアします。

年始に立てた目標、覚えてる?

それは「自分の立てた目標を忘れてしまう」ということ。

昨年末もしくは年始に、自分が立てた目標を覚えていますか?
ドキッとした方、さっそく思い出してみましょう。(笑)
年の変わり目に勢いよく考えた目標も、日々のやることに追われて忘れている、という人が少なくありません。

紙に書くなりして、見えるところにあるならまだましですが、自分の頭の中で考えたものでしかなかったら、それは間違いなく忘れます。これでは目標設定をしても意味がありませんね。。。

立てた目標を達成するために

ここまでの話を踏まえて、目標の達成のためには大前提として「その目標から目を離さずに追いかけ続ける」ということが重要です。

  • 目標を達成したときのワクワクするビジョンを描く
  • 結果目標と行動目標を分けて考える
  • 塊ではなく分解して目標を設定する

など、目標の設定の上で重要なことは他にもたくさんありますが、どれだけ素晴らしい目標を設定したとしてもそれを忘れてしまっていては到達することはできません。

目標の到達地点が山の頂上だとして、自分が今山のふもとにいる。頂上(設定した目標)に向けて歩き出したものの、その最中にt地図の存在を忘れて一度も地図を見ずにひたすらに進んだり(目標を忘れて目標の確認・修正をしなかったり)、進んでいる”感”だけで頑張っている気になる(目標を忘れて進む方向を間違える)。

山に例えるとおかしな話ですよね?

必ず自分自身の地図 = 目標を忘れないよう、毎日とか1週に一度ぐらいは必ず立てた目標を見返す時間を作ってあげましょう。それをするだけで目標の達成道が大きく変わるはずです。

「目標を忘れないことも重要なのはわかったけど、それだけで本当に変わるのか?」

という疑問もあると思いますが・・・

安心してください!変わりますよ。

(旬のネタを使いたかったんですすいません)
なぜなら、人には自然と進みたい方向に進むようにフィードバックする機能が備わっているからです。その素晴らしい機能をしっかり働かせるためにもまず、目標を忘れずに覚えとこう!ということです。

まとめ

目標を達成するためには、立てた目標を覚えておく、ということが前提条件。
どんなにいい目標でも忘れてしまっては達成することはできない。
目標を覚えておくために、必ず振り返りの時間を設けよう。

自戒を込めて
かつお。

P.S

個人的には今年の目標の達成度合いは・・・うーん。笑 悪くはないんですけど、やっぱり計画倒れになってしまった部分もあるのかな~って思っています。それと、心からやりたい!って思う目標を立てることも大事ですよね。結構いろんなことに影響されて、そんなにやりたくもないのに見栄を張った目標設定ってしてしまいがちなので。来年も頑張るぞー!