みなさん、今まで足関節のケガをしたことありますか?

治すのにどのくらいかかりましたか?

 

それってちゃんと治せてましたか?

 

そう聞かれて、
ケガしてから足首固くなりました!
動きが良くないです!
っと思った人いるんじゃないですか??

 

それでは今回の勉強会のタイトルはコチラ!!!

 

完全復帰を目指す
~足関節のアスレティックリハビリテーション~

 

足関節ってケガしやすいですよね~

僕は高校までサッカーをやっていたのですが、
何回足首の捻挫をしたかわからないくらい捻挫してます!!

そんなケガの多い足関節のアスレティックリハビリテーション。

 

 

アスレティックリハビリテーションとは

 

 

簡単にいえば、ケガをしてしまった選手を競技復帰させること。

 

今回はそんなケガをしてしまった選手の完全復帰を目指す、ということでケガの評価、エクササイズを実践しながら勉強しました。

そんな様子を今回勉強会に参加できなかった方にも、このブログを見て少しでも味わって頂けたら嬉しいです!!

 

 

足関節のアライメント

 

スポーツをする上で大切なものってなんですか?

 

競技におけるスキル?

 

サッカーのシュート、野球のバッティングや投球などの動作に必要なスピード?パワー?敏捷性?

 

スポーツをするなら全て必要だと思います。
なら、技術練習だけしてればいいじゃん!
そっちの方が絶対試合で役立つし!

 

なんて思う方もいるでしょう。

 

でも、、、

 

技術練習ばかりして自分の体を上手く使えていなかったら、最大限のパフォーマンスが出せますか?

 

 

いやいや出せないでしょ!!!

 

 

動きの土台となる機能的動作。

これができていなければ、力を発揮できない!

また、ケガにもつながるかもしれない!!

 

 

それでは機能的動作を見ていきます。

 

 

↑は足関節の背屈の可動性を見てます。

自動で可動域が出ればOK。

自動で可動域が出ず、他動で可動域が出るならば、
それは筋力、神経伝達に問題がある。 っと、、、

 

 

このように頭で理解したことを実際にやってみる。

ペアでやっているので、
これが違う!
あれが違う!
と互いに指摘しながらでき、身になりました。

 

 

 

足関節のストレッチ

 

僕、足首固くて全然背屈できませんでした。

 

じゃあ、足関節の可動域が出ないならどうすればいいですか?

そんな可動域を出すストレッチ↓↓

 

 

柔らかい人は普通にできるが、、、

固い人は↑のくの字の体勢すらできない!!!

両者を比較しながら学べたので、より理解が深まりました!

 

アスレティックリハビリテーション

 

ケガをしてしまった選手を競技復帰させる。

競技復帰したとしても、また同じケガをしてしまうのでは意味がない。

なぜケガをしたのか、原因を見つけ、それを追求して、次に同じケガが起こらないように改善していく。

 

そして、選手のため、選手が長くフィールドでプレーできるようにしていくことが大切!!

 

 

 

まとめ

 

スポーツをしている人はスキルや筋力などに目を向けがちかもしれませんが、1番根幹にあるのは体を動かすための関節の動きといった機能的動作。

 

みんなができる動きが自分だけできない!
そんなことがあったら、まず自分の体を見直してみよう。

 

機能的動作を改善するだけで、自分が本来持つ最大限のパフォーマンスが出せるかも知れません。

 

今回の勉強会で学んだことは現場でもすぐに
実践できる内容になっているので、ぜひ学んだだけで終わらず、実際に活用してみてください!!!!

 

全国の勉強会情報

GAPでは定期的に勉強会を開催しています!

次回は2月18日

内容は【プライオメトリクストレーニング】

爆発的なパワーを手に入れ、
フィールドを制せ!!