2017年
GAPは6年間やってきて初めての試みとした勉強会が先日開催されました。
その名も 基礎勉強会!
内容は
2月の勉強会で森川氏が講師を務めた『ウォーミングアップ』の基礎編。

・どうしてそうなるのか?
・どんなメカニズムなのか?
・なぜウォーミングアップをするのか?

この基礎勉強会で明確になりました!!
今回の基礎勉強会の講師は
GAP東京のメンバーである、うね!

IMG_8064

 

緊張しております。笑
今日は そんな初の試みの
基礎勉強会 の様子をちょこっとだけお見せします。

————————————

☆ゴールを決める

GAPではゴールを決める事をとても大切にします。
ゴールといってもサッカーやバスケ
などのゴールとはまた違います。
GAPでいうゴールは
最終的に自分のなりたい姿がこれに当てはまります。

IMG_8065

ゴールが明確に見えれば、
自ずと今なにをすべきかわかりますよね。
1ヶ月後には〇〇になるために
今はこれをしようなどの逆算ができます。
逆算して行動を起こす事によってよりゴールに近づけます。
だからゴールを作ることは大切なんです!
ゴールを立てることの重要性は理解できたでしょうか?
今回の基礎勉強会でも初めにゴールを決めました。
・しっかりとウォーミングアップの基礎を抑え込む
・分からないところは調べて完璧にする

などが挙げられました。
ゴールを最初に決めた事により
基礎勉強会内ではたくさんの質問が飛び交いました!
ゴールを決めたからこそのできる事だったのだと思います。

ぜひ読者の皆様も最初にゴールを設定してアクションを起こしてみてはいかがですか?
そのゴールに向かってより早く突っ走れますよ!
————————————

○勉強会満足度90%の内容は?

今回の基礎勉強会の内容は
ウォーミングアップのメカニズムについてでした。
内容を大きく4つに分けて穴埋め形式での授業。
筋収縮の仕組みを手作りのアニメーションで作ってくれて
カルシウムイオンやアクチン、ミオシンフィラメントの構造をわかりやすく教えてくれました。
教科書では単語の羅列だらけで理解することが難しいこの範囲。
とても分かりやすく、そして楽しく、学ぶことができました。

————————————

○最後に

講師のうねは最後に大切な言葉をくれました。
それはGAPでも大切にしている事の1つである Output について。

今日の範囲を学んだだけで終わってはダメ。
復習して人に教えられるくらい覚えて
初めて自分の知識に落とし込める。
授業の終わりには復習問題を実施しました〜!
全部で5問。
今日の範囲が含まれている
柔道整復師の国家試験やATの過去問から探してきてくれました。
なかなか難しい問題も参加者の方々は正解していました。これも、うね大先生のお陰ですかね!
(メンバーのよしたくは間違えてました。笑)

IMG_8063

 

Input≒Output
————————————
今回の基礎勉強会は
2月の勉強会で実技中心だったウォーミングアップの座学編を行いました。
4月の勉強会も実技中心で行い
基礎勉強会の方で基礎編を行う予定です。
ぜひご参加ください

 

IMG_8066