どうも!GAP東京のよしたくです!!


2017113日(金)に『ようがコミュニーティーフェスティバル』という地域の健康イベントにストレッチブースを出展させていただきました!!

 

実は去年もこのイベントにてGAPとしてストレッチブースを出展させていただきました。


今年度はストレッチブースに加えて、
・体幹トレーニングレッスン
・キッズのコーディーネーショントレーニングクラス

を、担当させていただきました!

その報告も兼ねて当日の様子をお届けします!

ストレッチブースでのトーク術?!


ストレッチブースでは来ていただいた方にペアストレッチをさせていただきました。


来ていただいたのはこのイベントに参加している地域の方々なので、お子様連れのパパやママや地域のおじいちゃん、おばあちゃんがほとんどでした!


あなたなら、そんな方々との初対面でストレッチをするってなった時にどのようにコミュニケーションとりますか?!


これ意外と難しいんですよ。


僕らが徹底してやったのは、
まずは自己紹介と相手の方の名前を聞くこと。

 

『いやいや、当たり前じゃない?!』

 

って声が多く聞こえそうですが、ストレッチするぞ!!と意気込んでいると案外忘れてしまうものです。


相手の方を名前で呼ぶと一気に親近感がわきますし、相手の方もリラックスできるのではないでしょうか。

 


 

僕らは今回一度だけストレッチをしたからといって体が柔らかくなったり痛みが改善されないことは知ってます。

 

一時的な効果は出るにせよ、継続しなければやはり望む効果は出ません。


ですので、今回のストレッチのゴールは、


『これをきっかけにストレッチを日常に取り入れてもらうようにすること』


と設定し、それに向かってメンバー11人がペアストレッチをしながら健康トークをしたり家でできるストレッチを紹介したりしました。

 

体幹トレーニング


今度は30分の体幹トレーニングレッスン。

ばーらとお手伝いできてくれていたばーらの後輩君のふみやが体幹トレーニングを担当。

 

 

しっかり体をほぐしてからトレーニングを行いました。


(奥の方でパパに連れられてやって来た男の子も一緒にやってくれてます!)

 


ばーらは個別にアドバイスをしたりフォームの修正をしたりして、ふみやは皆んなのお手本をやってくれてます。

(もしかしてこれは上下関係の表れ?!笑)


トレーニング中、『キツい!!』と思わず声を出してしまう、おじさまや、キツくないことを装うけど全身プルプルしてるお母さまがいらっしゃいました。

(絶対次の日筋肉痛になったよね。笑)


これもストレッチ同様、今日1回のレッスンで効果を出すことがゴールじゃなくて、日常に体幹トレーニングを取り入れることの大切さを伝えてきました!

 

キッズのコーディーネーショントレーニング


キッズのコーディーネーショントレーニングは僕が自ら担当。

 

ラダーやフラフープ、ミニハードルを使ったドリルを行いました。


ここでは子供達の『できたぜ!!(ドヤッ)』っていう気持ちを引き出すことを意識しました。


だから、できた時にはハイタッチ!!

 


で、度がすぎる子供ってやっぱりどこにもいるんですよ。

 

少年よ、、、

 

それは「ハイタッチ」ではなく「タックル」だ!!!!

(その満足げな顔、憎めないぞ。)

 

たくさんのドヤ顔を引き出せて僕としては満足でしたが、まだまだ指導面で課題が見えたのでそこは成長ポイントとして受け取ります!!


おわりに


GAP
では毎月の勉強会に加えてこういった活動も積極的に行っています。

 

実践の学びこそが僕らを成長させてくれると思うし、こうやって世のため人のためになる活動ができていることに誇りを持ってます。

 

今回機会をいただいた方への感謝を忘れず、GAPメンバーはこれからもスポーツ・健康産業を牽引できる人材となるよう努力していきます!!

 

最後まで見ていただきありがとうございました!

 

お知らせ

Golden Age Projectでは毎月学生トレーナー向け勉強会を開催中!

11月のテーマは『ジュニア期のトレーニング』

体の使い方の“うまさ”はジュニア期で決まる。

だからこそトップアスリートを将来見たいというトレーナーにこそジュニア期のトレーニングについても知ってほしい。

まずは詳細をチェック!!!

詳細バナー2