はじめに

どうも!
GAP東京のよしたくです!

今日はGAP東京4月の勉強会の様子を
お送りしますが、、、

最初のムービー見ましたか?!?!

参加者が思わず
現場で使いたくなってしまう
GAP東京、偶数月ならではの勉強会!!

果たして、
どんな勉強会だったのか?!

それでは~

Check it out!!


ツールなしでのトレーニング?!

あなたはどんな現場でトレーナーをしていますか?

グランド?
体育館?
武道場?

その競技によって、
トレーナーの現場は様々で、
その質もまた様々かと。

トレーニング室を使いたくても
使えない時があるかと思います。

それなのに、
監督やコーチから、

『んじゃ!ここでトレーニング1時間よろしく!』

なーんてことを言われたとしたら、
あなたならどうしますか??

チューブやセラバンド、
バランスパッドなどの便利ツールは今回はなし!!

体1つでもできるトレーニング。

しかも、、、

「選手のレベルに合わせたトレーニング」

処方するために段階別に分けられたトレーニングを
実技中心に行いましたー!!

負荷の上げ方

よくあるこのトレーニング。

言わずとしてしれた「プランク」ですね。

このトレーニングじゃあ物足りない!
っていう選手がいたり、

トレーナーとしても

「少し負荷が足りないな~」

って思ったらどうやって負荷の調整をします?

例えばこういう動きをつけてみたらどうかな?

右手を浮かして左側にいるトレーナーの手に
脇の下からタッチしてから右手を高く上げる。

体の軸をぶらすことなく、
手を挙げられますか?

きっとトレーニング不足の人は
プルプルでしょう。笑

他にも、、、

今度は足を浮かして写真のように
動かしてみるのも負荷を上げるための工夫です。

サイドブリッジもこんな形で

動きをつけてあげると、
より『実践的』だし負荷を上げることができます。

でもただ負荷をあげればいいということじゃない。

しっかりと段階を追って
その選手にあったトレーニングをしてもらうことが
パフォーマンスアップへの近道であり、
ケガの予防にも繋がるんです。

だから負荷の上げ方だけでなく
下げ方ももちろん講義の中で行いましたが、
これ以上は話せません!!!!笑

ちなみに、
動きをつける際は

前額面、矢状面、水平面

どの動きなのか?
っていうことに着目しながら教わりました。

あ!!

これ以上はダメだ!

どうしても話したくなっちゃう。。。

ぜひGAP東京の偶数月勉強会に参加してください。

終わりに

さてさて。

GAP東京では毎月勉強会を行っています!

毎回参加者満足が高い、
森川さん(もりしーさん)の講義は
偶数月に開催しています!!

次回6月の情報解禁まであと少し。

カミングスーンってやつです。

次の日から現場で使える
もりしーさんの講義!!

参加者の声をもう一度どうぞ。

次回は514日(日)に

『筋肥大のためのトレーニング方法と栄養戦略』

というタイトルで岡田隆さんに登壇していただきます。

こちら、
学生限定の講義となっています。

詳細、申し込みはこちらをクリック!

詳細バナー2

ブログ用