9月勉強会報告

こんにちは!
GAP東京のゆかです。

9月の勉強会は久保田尚子先生を講師としてお迎えし…

・トレーナーが知るべき栄養学の基礎
・コンディションを整える食事法
・育成年代が摂るべき栄養素
・現場で活用できる実践的な栄養学

以上の4つについて学びました!

brog1

トレーナーにとっては専門外な内容でしたが…

栄養を学びに来ただけあって
参加者は…さすが!しっかり食べている方ばかり!

あ、ちゃんと毎食ごはんを食べているということですからね。

ではでは、勉強会の様子を少しだけお伝えします~!
brog2

重要なご飯

brog3

3食の中でも特に重要なのが朝ごはん!

「朝寝坊しちゃって…」
「なんだか食欲がなくて…」
朝ごはん抜きになってしまうこと、ありますよね。

それを仕方がないことで済まさずに、
原因にアプローチするのがトレーナーの仕事!

brog4
朝ごはんの大切さを選手に伝えられるようにメモメモ。

朝ごはんに関連して
〝命に関わる〟水分補給についても学びました!

「水分補給は命に関わっていて、
その管理をするのが選手自身であり、
加えて指導をするのがトレーナーである。」

思わずドキッとしてしまう言葉があり、
見落としがちな食事と水分補給の
関係性に目を向けることができました。

トレーナーだからこそできる栄養指導のお話もあり、
今すぐ選手に伝えたくなる内容でした!

試合前にコンビニ食

そしてお楽しみの実践栄養学!

お題は
「試合1時間前の選手に対する栄養指導」

コンビニやファストフードで揃えられる
食品で献立を作成することでした。

brog5

「これ、どうすればいいんだろ~?」

栄養バランスが良いとは言えないコンビニ食に戸惑いつつも...

「あ!それいいね!」

参加者同士で協力して
グループワークを行いました!

「ベストな献立を常に目指す気持ちを持ちつつも、
その場・その時の目的に合わせたベターな選択をする。」

トレーナーが目的を理解して実践することで
選手への栄養指導を自信もってできるようになりました!

おわりに

9月勉強会の雰囲気を
感じ取っていただけたでしょうか?

GAPの勉強会では
専門力を身につけることができ、
加えて仲間を見つけることができます。

勉強会で繋がりを作り、
その繋がりが大きくなってさらに交わることを
私たちは目指しています。

ぜひ今後の勉強会で
お会いしましょう!

 

Written by ゆか