5月勉強会報告

brog

こんにちは!
GAP東京のわかちこです。

5月の勉強会は、
満員御礼となる大盛況でした!

そして、
その大盛況となった勉強会の
講師を務めて下さったのは

[ 風見友希 氏 ]です。

brog1

風見氏は芸能人からプロスポーツ選手、

トップアマチュア選手を施術されたり
全国で60講演ほど行い
指導した人数は1万人越え。

そんな風見氏が講師を務めた
勉強会の内容は、

『 症例から紐解く解剖学&生理学
〜スポーツ現場と解剖生理学をつなぐ〜 』
でした。

満員御礼、
そして豪華講師の勉強会。
一体どんな勉強会だったのでしょうか?

このブログでは
その5月勉強会の内容について
少しだけ教えちゃいマッス!!

ご覧いただいた、そこの貴方!
ラッキーですな( ° ʖ °)

それでは、早速いきますよ〜〜

解剖学と生理学を『ペン』で説明!?

勉強会のスタートは
解剖学と生理学を

しっかり理解できているか?
説明できるか?

というところから始まりました。

大体の学校はこの解剖学と生理学は
初めの方に習いますよね。

しかし、説明しろと言われても
果たしてなんて答えたらいいのか…。

この時、
風見氏は解剖学と生理学の説明をするために
ペンの構造が詳しく書いてある
スライドを表示しました。

え!ペンの構造!?
グリップとか色々書いてあるよ…。

と、会場はザワつきました。

brog2

だってそうですよね?

ペンの構造が詳しく書いてあるんですからっ!!笑

しかし、
これがすごかった…

ペンの構造が
解剖学と生理学に直結していて
ものすごくわかりやすく教えて頂けたんです。

当日どんな事を
説明してもらったのかというと

○解剖学 :
ペンの部位(グリップ etc)
○生理学 :
ペンの部位の機能(グリップは握った時に滑らないようにするためにある )

などなど!

ペンで説明するとすごいわかりやすいですよね?

読者の皆さんの中で

解剖学、生理学を
うまく説明できない方
どんなものかわからない方は

是非、ペンで考えてみて下さい!

簡単に理解、説明する事ができますよ〜

病気の原因は会話にあった!?

brog5

次は風見氏が実際に診察し施術した
症例をみんなで何が原因だったのか、
予想し考えるワークがありました。

その中の1つをご紹介します。

(以下、テキスト引用)

<15歳女子中学生。脛骨粗面部分が
痛く歩けないほどである。

松葉杖にて来院。2週間ほど前から痛みが出てきて、
部活動に支障がきたし始めたのは1週間前から。

病院に行き、レントゲン撮るも異常なし。

しかし、触れるだけでも痛い。
腫れはないものの、症状としてはオスグッドの症状に近い。

ただ、痛みの出方がそれではないほどである。

来院時の話を聞いていくと、
合点のいかない部分が多く出てくる。
つまり、オスグッドではない症状もチラホラ。
そして、あることを思い出し、アドバイス。

その日、ほとんど何もせずに、
そのアドバイスだけを親御さんに説明する。
1週間後、痛みはほとんどなくなり部活にも復帰。>

Q.さて、原因はどこにあったのでしょうか?
という問題。

すごく難しい問題ですよね。

この問題の答え、
実はお母さんと会話するということでした。

この娘さんはお母さんと
会話する時間がほとんどなかったのです。

そこからくるストレスがホルモンバランスに
影響してオスグッドに似た症状を発症させていました。

こんな症状も実際の診療ではあるそうです。

この時
1つの視点から考えるのではなく、
色んな視点からみて考えてみる事が
大切だと学びました。

色んな視点からみてみると
思いがけない原因に気づける事がある。
それに、その人によりそって見ることができる。

皆さんも色んな視点からみてみると
わかる事があるかもしれないですね。

おわりに

勉強会の最後に
風見氏はある事を教えて頂きました。

それは、
【 知識×技術=信頼 】だということ。

どちらかが欠けたら0になる。
どちらも両方あって初めて信頼が生まれる。

知識も技術もすごく大切なことですよね。

知識と技術を高めて
良いトレーナー、指導者になっていきましょう!

さて、知識と技術を高められる
勉強会が毎月開催されています!

詳細はこちら↓↓↓
http://www.gap-sports.net/seminar/

・知識と技術を高めにきてもよし
・コミュニーケーション能力アップのために来てもよし
・一生の仲間を作りに来てもよし
・3つ全てを目的に来てもよし

ぜひ参加してみてくださいね^_^

 

written by わかちこ