みなさんこんばんは。

GAP事務局のゆきです。

昨日第4回目のGAP勉強会がありました。

タイトルは障害評価 ~アスレティックリハビリテーション~

Golden Age Project

講師 林 恭平 (20)
日本体育協会AT

今回の講師は林くん。

普段から昼間は高校サッカーのトップレベルのアスレチックトレーナーとして活躍していたりキッズのサッカースクールのコーチなどをやっています。

そして夜は理学療法の学校に通っています。

この日は前日にトレーナーとして携わっているチームが全国まであと一歩というところで悔しい思いをしたにもかかわらずとてもクオリティーの高い講義を行ってくれました。

普段、パーソナルトレーナーとしてお仕事をさせていただいている僕にとってアスレチックトレーナーの考え方はとても新鮮で充実した時間を過ごすことができました。

Golden Age Project

普段から実践していること実践して感じたことなど具体例を織り交ぜ、熱く2時間近く講義していただきました。

経験はウソをつきません。

見せ方一つ一つがとても丁寧な林君

Golden Age Project

リハビリトレーニングを全員で体験。

みんな顔がゆがんでいました 笑

Golden Age Project

その後、もりしーこと森川さんのワークでは『ディベート』を実施。

題材は
【トレーナーとして飯を食っていけるか?】

賛成派(食っていける)と反対派(食えない)に分かれて討論。

GAPの顔板(かんばん)わっきーはもりしーの陰謀により反対派に。
厳しい意見を言ったのでドリームキラーみた
いな扱いを受けるという異例のフィニッシュ。笑

一生懸命反対側の方をかばっていました。

ディベートの新鮮な体験をすることができました。

今回の勉強会で考えたことは、トレーナーは対価をいただくことに対してネガティブなのか、ボランティア精神が強すぎるのか…

ディベートで僕は解決することができませんでしたが、実は今日「稼ぐ」といいうことについて考えたら答えが見えたような気がする体験をしました。

次回は12月の23日

その前に中京遠征ですね。

楽しんでいきたいと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

僕たちGAP勉強会は将来人の身体に関わる夢を持つ熱い学生の仲間と一緒に日々刺激しあい向上しようとしています。

今、自分の考えを仲間に話して一緒に夢をかなえるための一歩を踏み出しませんか?

勉強会という場で生涯付き合う仲間を見つけませんか?

そんな考えを共有できる場を私たちは全力で提供いたします。

勉強会に参加してみたい。

聞きたいことがある。

以上のことのほかにもお問い合わせは

golden_age_project@yahoo.co.jp

までお願いします。

事務局

生涯現役サポーターゆき