プロ球団の面白いウォーミングアップ

こんにちは!
GAP東京のよしたくです。

面白い動画を見つけました。

 

横浜DeNAベイスターズの試合前ウォーミングアップの様子です。

きっと、トレーナーとして活動しているみなさんは
選手一人一人の動きをじっくりみたんじゃないですか?

「股関節うまく動かせてるなー」

「選手によっては、もうちょっと肘と肩を伸ばしきったほうがいいなー」

「回旋もっと入れたほうがいいかもなー」

トレーナーとしてそういうところに
目が行くのってある意味当たり前だし
日頃から人の体の動きを意識してる証拠ですね。

でも、僕が目をつけたのはそこじゃないんです。

僕が目をつけたのは、

「トレーナーが一緒に」

「手を叩きながら」

「選手と共に体を動かし」

「ノリノリの曲に合わせて」

「笛を吹きながら」

「笑顔でウォーミングアップしている」

ってところです。

ウォーミングアップの役割は、
選手の体の機能を高め、
試合でベストパフォーマンスをするための
準備であることです。

しかし、体だけではなく、
『心』も一緒に温めるんですね。

ベイスターズのトレーナーさん達は
選手の心を温める手段として
ウォーミングをこのように行なっているのかもしれません。

実はアスレティックトレーナーとして活躍中の
森川さんも同じことをおっしゃっていました。

 

動画のちょうど4分のところで森川さんが

「『体』だけではなく『メンタル』の部分でも
ウォーミングアップはすごく大事」

と言っていますね。

選手が今まで積み上げて来た練習を
活かすことも、ダメにしてしまうこともできるのが
ウォーミングアップなのかもしれません。

ウォーミングアップについてテーマにした
勉強会を2月に開きます。

【チーム指導必見!
選手をケガから守るウォーミングアップ】

日時 : 2月5日(日)18:30〜21:00
場所 : 国立オリンピック記念青少年総合センター
(新宿から2駅、参宮橋駅が最寄り駅です)
料金 : 2000円
定員 : 40名

申し込み用バナー1

詳細バナー2

 

ブログ用