こんにちは^^

わっきーです。

最近、いろんなトレーナーさん、

トレーナーの学校の先生、

スポーツ・フィットネス系企業の人事

と話していて感じること。

それは求められている人財と

学生トレーナーの高めているスキルに

大きな乖離があるということ。

で、思い出しました。

僕が就活で唯一選考を受けたスポーツクラブのこと。

今思うとものすごく失礼なことですが、

内定をもらっても専門学校に行くつもりで受けていました。

でも受かったら1年くらい働いてみようかな。

給料、いいし。とか思ってもいました。

大学生の頃、東京のメディアにもたびたび登場する

有名スポーツクラブの選考を受けました。

そのころの僕はアルバイトをしていたスポーツクラブで

アルバイトながら

◇週に3本のレッスンを担当しほぼ満員

◇僕のカウンセリングは1ヵ月くらい埋まっている

◇社員に混じってパーソナルトレーニングを実施

◇クラブ内で社員も受講する勉強会を主宰

◇クラブ内のスタッフの交流を目的としたイベントを企画

そんなことをしていました。

自分で言うのも変な話

ものすごくバイトっぽくないバイト以上の働きをしていました。

(きっとどのクラブもこんなバイト、欲しいです。笑)

時給も他のスタッフよりも圧倒的に高かった。

1.5倍くらいあるんじゃないかというくらいもらっていました。

そんな僕。

天狗だったわけです。残念なことに。

そして大学の友人も僕をトレーナーとしては特別扱いを

してくれていたので拍車をかけて天狗になっていました。

なので東京の大手のスポーツクラブでその天狗なところ

見抜かれました。最終面接で。笑

そして天狗は見事に落ちました。

お前よりもオレの方がすげえ!!

そんな野心が人事&取締役に伝わってしまったのかな・・・

後悔はしていないですが

学びにはなりました。

社会で本当に活躍できる人は

本当に腰が低く、目上を立てることができ、そして人を大切にします。

知識は二の次です。

いやプロならあって当たり前です。

僕の知識は他の受験者の100倍あると思っていました。

下手したら5年目くらいの人だったらオレのほうがすげえと思っていました。

完全にナメていました。

でもほとんどの会社はこんなナメくさったヤツは採らないようです。

見抜かれて落とされます。

僕の場合は完全に墓穴掘りましたが。笑

(どうやって墓穴掘ったかは懇親会とかでアルコール入ったときに聞いてください^^)

こんな質問を経営者にぶつけたことがあります。

人間力 0  で  トレーナー力 100

人間力 100 で トレーナー力 0

どっちをトレーナーとして採用しますか??

答えは全員、下の

人間力 100 で トレーナー力 0

つまり学生の頃の天狗の僕よりも

めっちゃ人あたりのいいコンビニのおばちゃんのほうが

トレーナーとして求められている・・・?

きっと他の業種でも一緒なんだろうなと思います。

一流の人間力。

どうすれば身につくか?

それは一流の人に出会うことから学びを得るんじゃないかなと思います。

Golden Age Projectではそんな環境をどんどん作っていきたいです。

あー、思い出しちゃっ
た。

オレの過去。笑

ちょうど2年前くらいの出来事でした。

専門知識も大事だけど

自分も磨くこと。

これが大事なんだな~

磨いていますか?自分。

専門知識、スキルも大事だけど

自分も高めていこう!!と思う今日この頃でした。

わっきー

Golden Age Project イベント

詳細

http://ameblo.jp/golden-age-project/entry-11271677366.html

これ人間力、確実にあがります!!