こんにちは^^

今日も絶好調のわっきーです。

昨日、仲間のプチ送別会でした。
まだ会える説もあるのでプチです・・・笑

送り出した仲間は
本当に素晴らしいヤツです。

あえて名前を出しますが

梅木暁(あだな うめ)
順天堂大学の4年生です。

鬼のように頭がキレます。

僕は彼に仕事を任せました。
『マーケティング』という仕事です。

勉強会の案内を

Facebook
ブログ
アタックネットなどのセミナーサイト

などに案内し
たくさんの方に知っていただく仕事をしてくれていました。

関東の勉強会の案内の文章は
彼が考えてくれました。

彼は今までトレーナーとして体のことを勉強してきて
僕に無茶ぶりをされて(笑)試行錯誤しながら
『GAPのマーケティング部』として活動。

マーケティング。
完全に畑違いの仕事です。笑

にも関わらず
本当に素晴らしい成果を上げてくれました。

成果を出したから素晴らしいのか??
いえ違います。

それ以上に素晴らしい事があります。

それは『無理』って言わない事。

どういう事か??

僕はGAPの運営メンバーには
無理難題を言います。

※GAP運営メンバーではこれを
『わっきーの無茶ぶり』と呼んでいるようです。笑

でも絶対にできる事しか言いません。

コイツならぜったい出来る。
って思う人にしか言いません。

言われた本人では できない!
と思っている事でも僕が できる と思ったら言います。

なので2、3回お願いしても
『無理』って毎回言う人には

もう二度とお願いしないようにしています。

僕が思う事ですが

学生とか若手の時って
『無理』って言うてやらない事ほど
もったいないことはありません。

そもそも
頼む方も学生とか若手に
『結果』なんて求めていないから。

求められているのは《姿勢》、《成長》。

極論ですが
出来るか出来ないかなんてどうでもいい。

やるかやらんかな訳です。

もし絶対に『結果』を出さなければならないのであれば
プロにお願いするし。。。

大事なのは姿勢。
『無理』って言わない。

言い訳は簡単です。

来週学校の課題があるので時間がなくて無理です。
PC苦手なので無理です。
部活が忙しいので無理です。
実家なので無理です。
明日早いので無理です。

もったいねーなーって思います。

間違いなく
成長が財産になる。

間違いなく
経験が財産になる。

だから僕は無理って言わないようにしています。

引き受けたもののホンマに無理じゃないか・・・
って時には仲間にお願いして手伝ってもらいます。

それが大事だろって思います。

話をうめに戻します^^

うめは僕の無茶ぶりに一度も『無理』と言わなかった。
そして約一年でものすごく成長しました。

彼の成長がうれしいです。

出会えて良かった。
心からそう思える。

これからうめはATCのカリキュラムを学びに
アメリカへ行きます。

彼のチャレンジを心の底から応援しています。

旅立ちは寂しいもんやけど
また出会った時にめっちゃ成長してるやん!!って
お互いに思えることを楽しみにして送り出します。

だから僕自身もチャレンジを続けて
成長していきたいと思います。

GAP-ZGM
わっきー