こんにちは

Golden Age Project

叫んでる姿がしっくりくる男。わっきーです。

どうも!!

今日はそこそこマジメに熱く書きます。

そう。

情熱ガリ勉系です。笑

アップそれ、なんやねん。笑

人と違う人生を歩みたい人。

そう思う人は多いんじゃないかなと思います。

ありきたりな人生よりも

なにかすごいことをやりたい

そんな気持ち少しありませんか??

僕はそんな気持ちしかありません。爆笑

誰も考えもしないようなことを

世界にぶちかましたい。

そんなことばっかり考えているんです。

僕は小学5年生の頃に 『人と違うことをしたい』

そんな感覚が強いことに気付きました。

僕の通っていた小学校では毎年、相撲大会があります。

その相撲大会は5、6年生の男子が出場できます。

大会の1か月前。

しこ名を自分で決めます。

ほぼ9割の友達は

○○山とか

○○丸みたいな感じで

○○のところに自分の名字を入れます。

例えば、

鈴木くんなら 鈴木山

脇坂なら脇坂丸

みたいなかんじです。

ふつうです。

何の面白みもない。

でも

それが恒例で当たり前だった・・・

友達はそれに従っただけです。

でも何を思ったか、僕は

ふつうの山

という訳のわからんしこ名をつけて出場。

名前はふつうの山だけど

ふつうじゃない。

ふつうと書いていることが普通じゃなかったので

注目度MAX!!笑

その効果があってかなかってか?

3位に入賞しました。

そして

6年生の時も、しこ名は変な名前にしました。

その名も

大仏

Golden Age Project

斬新なしこ名。DAIBUTSU  笑

斬新すぎる。

この僕の思いきったネーミングもあり

6年生の時は訳のわからないしこ名が乱立しました。笑

そう。

僕が訳のわからんしこ名のパイオニアになったわけです。

僕が突破口をぶち破ったんです。

これが快感だった。

こんな経験もあったので

僕は他の人と違うことをしたんだろうなと思います。

大学生のころもこんなことしました。

僕は中京大学のトレーナー部会に入っていました。

2年生くらいから自分の実力を試すために資格試験を受ける学生が

たくさんいます。

多くはNSCAのCPTを受けるわけです。

予想通り、仲間のほとんどはCPTを受けました。

そんな中、僕だけは違うところの資格を取ってやろう。

しかも先輩も同級生も持っていない資格をとってやろう!!

で受けたのがJCCAのアドバンストレーナー養成セミナー。

今思えば、すごい良い選択をしたと思います。

なぜか??

そこに就職しちゃった。からです。笑

ま、そんな経験を経て

僕は人と違うことに快感を覚えてしまっています。笑

でも人と違うことをするということは

人と違う責任も負います。

相当、風当たりが強いこともあります。

それでも自分を貫く気持ちが必要です。

バカでもいい。

自分の心に正直に熱く行く。

人と違う人生を歩みたいなら

人と違うことをするか

人の10倍の結果を出すか

とっちかです。

人と違う人生はなかなかぽっと降ってきません。

自分で取りにいくんです。

いつもありがとうございます。

情熱MAX

わっきー

さて。

今日はどんなことをやらかそうかな。笑

僕はこれからもパイオニアでいます。