どうも。

 

最近『パンクロック』というジャンルの曲がお気に入りのよしたくですっ

 

 

 

 

皆さんは試合前にどんな曲聴いてましたか?!

 

例えば、水泳選手

盛り上がる会場に“試合モードの顔つき”で登場してますがほとんどの選手はイヤホンをして音楽を聴いてますよね?

 

 

例えば、野球選手

球場に足を運んだことがある人はご存知かと思いますが、ホームゲームでの打席に入る時には選手自身がチョイスした『登場曲』が流れます。

 

 

音楽はスポーツをする人にとって、結構大事なんじゃないか?!って思ったので色々調べてみました。

 

BPMが大事

 

運動会のリレーの時って、

 

ワクワク、そわそわ、

 

しますよね?

 


リレー自体が盛り上がるからそんな心境になるっていうのもあるんですけど、その時に流れる音楽のテンポが早いからなんじゃないかな?!って思います。

 

 

飲食店でピーク時にお客さんの回転を良くするためにアップテンポな曲を流すようにしたところ、売り上げが伸びたっていうこともあるんだとか。

 

 

音楽のテンポ、つまりBPMが音楽を聴く人に心理的な影響を与え、その行動を変えた例ですね。

 


じゃあやっぱ、スポーツ選手も試合前に曲を聴いて自分の心理をコントロールしてるんですね!!

 


テンションあげたい人はBPMが高めの曲を聴き、テンションをむしろ下げて気持ちを落ちつかせなきゃいけないような種目(射撃やアーチェリーなど)の選手はBPMが低い曲を聴く。

 


まあ選手によって音楽の好みが違かったりして一概には言えませんが。。。

 

スポーツ選手が実際聴いてる曲

リオ五輪水泳で銅メダルの萩野公介選手は大のAKB48ファンらしく試合前には『ヘビーローテション』を聴いてたという記事があったり、

 

レスリングの吉田沙保里選手は西野カナの『Darling』を愛聴してるっていう記事がありました。

 

 

 

野球で言えばメジャーリーグのエンゼルスに移籍が決まった大谷翔平選手は2017年シーズンの登場曲にOlly Murs の『Wrapped Up』という曲を使っていました。

 

 

 

 

やはり選手の好みによってだいぶ曲のジャンルは違いますが、アップテンポな曲が多い気がします。

 

それにしても吉田沙保里選手のプレーと聴いてる曲のギャップに驚かされました。

 

僕が試合前に聞いてた勝負曲ベスト3

さて。

 

僕のことを知っている人は僕が試合前に聴いてた曲が気になり始めたんじゃないですか?(自意識過剰、か。笑)

では早速!!

 

3

東京事変『群青日和』

 

椎名林檎さんの美声とアップテンポがオススメ。

 

 

 

2

FUNKY MONKEY BAYBYS『ちっぽけな勇気』

 

アップテンポがいいのと、とにかく歌詞がいい。

勇気付けられる歌詞です。

 

 

 

1位!!

MONGOL800『小さな恋の歌』

 

僕が大好きな『パンクロック』というジャンルの音楽を奏でるロックバンド。

 

たくさんのアーティストがカバーしているのでこの曲を知らない人はいないのでは?!

 

 

みなさんは試合前に聴いてた曲、ありますか??

 

自分のお気に入りの曲をこの記事と一緒にシェアしよう!!

 

お知らせ

Golden Age Projectでは毎月学生トレーナー向け勉強会を開催中!

次回は2月18日。

テーマは『プライオメトリクストレーニング』

まずは、詳細をチェック!!!

詳細バナー2