どうも、旅、アドベンチャー、アウトドア大好き人間よしたくです!!

 

 

僕のこと知ってる人なら、僕が来年の220日からアフリカ大陸最高峰の山『キリマンジャロ』に挑戦することをご存知かと思います。

 

改めてここでも言います。

 

僕、南アフリカ最高峰の山、

 

キリマンジャロに挑戦します。

(ドンッ!!!)

 

今回はそのトレーニングも兼ねて、高尾山に登ることにしました。

 

ここで重要なのが、

・高尾山→599m

・キリマンジャロ→5895m

 

つまり、

 

高尾山×10 キリマンジャロ

 

と、いうこの数式が成り立つ。

 

僕、バカなので

 

『高尾山10回登ったらキリマンジャロやん!』

 

って思ってしまったのです。

 

と、いうことで1日で10往復することを目標に高尾山に登ってまいりました!!!!

 

いざ出陣

 

僕が好きな番組『プロフェッショナルの流儀』風に言うならば、

 

『吉田拓也の朝は早い』

 

と、言うところですが、

 

10

に高尾山口駅に到着。

(ほんとに10往復する気はあるのか?!)

 

ちなみに今回のこの完全にアホな企画の犠牲者として付き添い人として僕の友人「マサキ」が共に高尾山10往復を目指す。

 

 

紅葉が見どころな高尾山はハイシーズンで見ての通り人が多い。

 

この列はケーブルカーやリフトを使う人の列。

 

『登山なのにケーブルカーはもったいないな~』

 

と、余計なお節介を心の中にとどめいざ出陣。

 

 

まずは稲荷山コース。

案内板に書かれている目安時間は90分。

足早に僕らは山頂を目指す。

 

なぜ足早かって?

なぜなら今日の目標は10往復だからね。

 

さっそく前方に登山客が。

危なくないようにちゃんとタイミングを見計らってスマートに抜いていく。

 

この登山中、何回も何回も前方の登山客を抜いていった。

 

まるで箱根駅伝でごぼう抜きしていく留学人選手かのように抜いていく。

 

おそらく抜いていった登山客は1日に1回しか登らないだろう。

 

しかし僕らは10往復する。

 

同じ山は1日に一回しか登っちゃ行けないってルールがあるのかい?気がすむまで登ろうよ。そんなスタンスだ。(完全にアホです)

 

でも記念すべき1往復目だしちゃんと思い出の写真も撮りました。

 

無限に続きそうな階段を駆け上り、いよいよ1往復目が終わりそう。

 

後で分かったことだが、高尾山はどのコースから行っても山頂へのラストスパートに階段が用意されている。

 

この階段が意外とキツイ。。。

 

と、まあちゃんと登山を楽しみながら1往復目はなんと50で登っちゃいました。

 

 

まだ余裕の表情。

 

まだまだ、10分の1だからね。

 

下山は舗装されている1号路を。


途中で腹ごしらえに美味しい団子をパクリ。

 

 


紅葉が綺麗ですね~

 

 

そんなこんなで休憩も含めて2時間くらいで1往復目完了。

 

この後も順調に登り続けました。

 

 

2往復目は6号路を。

 

こちらも50分で登りきりました。

 

と、ここまで来て2往復目の下山中に体に異変が。

 

: 『四頭筋の内側やばくない?』

 

まさき : 『あぁやばいなこれ

           『足底も疲れてアーチが潰れて△※×○◽︎~~」

 

まさきがマニアックな話をしだしたので、そろそろこのブログのオチを言おうと思う。

 

3往復しかできなかった

 

僕らは登頂目安90分のコースを50分で登ったりして、順調に10往復への道を一歩一歩踏みしめていた。

 

けれど、タイムリミットだ。

 

夕方17時近くなると日が沈み段々と暗くなる。

 

滑落の危険もある。

 

だから、3往復しかできなかった。

 

そもそも僕の“計算”が甘かった。

 

なぜ10時集合にしたのだ。

 

もっと朝早くから登ればもう2往復はできた。

 

いや、違うんだ。

 

時間の問題もあったけど、3往復しかできなかった正直な理由は

 

『体がもう登りたくない』

 

と言ったからなのだ。

 

言い訳として時間切れと言ったけれど、たとえキリマンジャロじゃなくて高尾山でも3往復するのはキツイのだ。

 

山頂で写真を取るのもめんどくさくなってきて、早く下山したい気持ちに狩られるのだ。

 

とは言いつつ、とてもいい経験をした。

 

キリマンジャロへの挑戦は3ヶ月後。

 

トレーニングを重ね山頂で最高の笑顔と共に写真を撮って帰って来ます。

 

2人は3往復後に大はしゃぎで温泉に入りましたとさ。。。

 

めでたしめでたし。。。