IMG_7776
成人式を迎える前日、
タイムカプセルを開けてみた。

“10歳の”私 からの手紙である。

タイムカプセルの中には、懐かしい写真と絵の作品と
夢を書いたものが入っていた。

◎10年前の「ゆかの夢」

IMG_7777

 

早川 優香
私が大切にしていることがあります。

それは、家族や友達とたくさん話すことです。

なぜかというと、家族や友達と話しているととても楽しいからです。

だって、なにも話さなかったらなにも始まらないし、おもしろくないからです。

でも、なぜたくさん話すことを大切にしているのかというと、私はお話し上手や聞き上手な人になりたいからです。

そして、ほかの人に楽しませてあげるようなことをしてあげたいです。
そのために、これから私は、家族や友達がなにか話しているところを見たら、その話に入っていって楽しい話をしたいです。

○お話上手、聞き上手な人になりたい

10年前の私がこんな夢を持っていたとは驚いた。

それも、大きな字で堂々と書いてある。

もっとこう…こんな職業をやりたいとか、お母さんみたいになりたいとか、
てっきりそんな夢なのだろうと思っていた。笑

思い出してみれば、私は昔から話すことが大好きだった。

よく喋る…いや、うるさいくらいに喋る子供だった。

黙っているときは寝てるときだけ。
それくらいよくおしゃべりな子供だった。

大きな字で堂々と夢を書く様子からも想像しやすいだろう。笑

○小さな先生が教えてくれたことの大きさ

おしゃべりなのは良いところだけでなく、
悪く出ることもあった。

“思ったことは直ぐ口にしてしまう”

それが原因で何度友達と口喧嘩になったことか…。笑
そんなことが懐かしくもあるが、
大きくなった今でも変わらない気がする。

「お話上手になりすぎるなよ」

「一呼吸置いて、言っても大丈夫なことか考えてから話してみようね」
タイムカプセルを届けてくれた
10年前の小さな先生からお説教を受けた20歳の私であった。

 

ブログ用2