このブログを読んでくださっている方のほとんどは

何らかの形でスポーツに関わっている学生だと思います。

通っている大学では人の身体を学んでいますよね。

その中でも解剖学は基本中の基本。
いくら学んでもまだまだ足りないのが解剖学です。

今回は解剖学の“新しいみかた”をお届けします。

授業内で基礎知識の確認するよー
と配られて私が書いたものがコチラ。

img_7309

股関節 屈曲
「腸腸筋」
おそらく…
腸と腸を繋げている筋肉、です。

おそらく…
とてもマイナーな筋肉ですよね。

知っていた方、いますか?
腸腸筋
私は今まで聞いたことがありませんでした。
初めて出会った筋肉です。
腸腸筋
名前から想像してみましょう。

どんな作用なのか…
大腸と小腸を繋げてるとか?

消化機能を助ける役割を持っているとか?

最近発見された新しい筋肉とか?
おそらく…
大事な役割を担っている深層筋、ですよね!

って、どう考えても腸腰筋のことじゃないかーい

img_7310

腸腰筋は大腰筋と腸骨筋の総称です。

あまりに腸が強すぎて、ね。
ありますよ、ね。うっかりミス。
(ここまでお付き合いくださり、ありがとうございます。)

(もう少しだけお付き合いください。)

やばいなー 解剖学わかってないなー

そう思ったときはGAPのLINE@を使うしかないですね!!
「…GAPのLINE@ってなんだ?」と思った方、
こっそり私が教えて差し上げましょう。

img_7311

筋肉名を入力すると
一瞬で作用・付着・支配神経を答えてくれちゃう便利機能です!画像もついてきます!

(あ、誰かみたいに筋肉名を間違えていたらLINE@は答えてくれませんよ。)

もちろん、LINE@は無料!
まだ追加してないよという方は
ぜひこちらから!
https://line.me/R/ti/p/%40pce5882z
ちなみに

私が腸腸筋の間違いに気がついたのは
授業中に答え合わせをしたときではなく、
放課後に復習をしていたときでもなく、

帰宅してから、寝る前にプリントを見返したときでした。
うん、きっとそう、疲れていたのです。

休息は大事です。

そんなことを解剖学から学びました。

 
written by ゆか