人生で初!富士山に挑戦!

brog1

僕には旅の相棒がいる。

高校時代、共に白球を追いかけた野球部の後輩。

いや、今となっては先輩後輩の垣根を超えて
夢を語り合い、共に旅に出る友達かな。

よく言えば、マブダチ。
悪く言えば、僕のことを完全になめてる後輩。笑

(高校の卒業アルバムには、
「吉田さんはいい友達でした!」
という彼からのコメントがある)

brog4

彼とは2〜3ヶ月に一回、飯に行く。

夢や目標についてアツク語るときもあれば、
その時に抱えている不安や苦しみを話すときもある。

ちょうど2年前の冬くらいに
飯に行った時かな。

『日本男児として富士山登りたくね?』
『たしかに!』

じゃあ春休み(2〜3月)に登りに行くか!

と、意気込んで
iPhoneでググってみると、

なんと富士山って俺らみたいな初心者は
冬は雪があって登れないらしいことが判明。

参考までに「Naverまとめ」でもどうぞ。笑

https://matome.naver.jp/m/odai/2135089043957135001

常識的に考えれば当たり前なのかもしれないが、
僕と彼は常識的ではなかったため知らなかった。笑
(色々な意味で常識ない。笑)

普通に富士山登ってもつまらない?

brog2

まったくの登山初心者なのに
冬に富士山を登ろうとするほど
富士山を舐めきってる僕らは、

『普通に富士山登ってもつまらなくね?』

なんていう話になっていた。

(ここら辺からは登山好きな人は読まないでください。
きっとイライラするくらい非常識な話をしますので…)

普通じゃない登り方ってなに?!
って思いますよね。

逆立ちで登るとかそういうの?!

残念ながら、逆立ちでは登ってません。笑

普通は富士山登りに行くってなったら、
電車なりバスなりマイカーなりで麓まで行きますよね。

でも僕たち、
『ヒッチハイク』で行っちゃいました。

僕たちの計画はこう。

【1日目】
朝の7時にJR久里浜駅に集合

ヒッチハイクで富士山を目指す

17時には富士山に着くだろうという安易な考え

富士山に着き次第登り始める

富士山頂にて野宿

 

【2日目】
ご来光を見て感動

ご来光の余韻に浸かりながら下山

ヒッチハイクで横須賀へ帰る

19時には到着して乾杯

ちなみに僕は、
富士山=神聖な場所
神聖な場所=白い何か
白い何か=白足袋なら持ってる

と、いうことで白足袋で
富士山登頂を目指そうと決意してしまった。笑

聞き込み&準備期間

brog3

僕らは本当に登山初心者で、
山を完全に舐めきってる。

登山経験は子供の頃に近所の山に登ったくらいだ。
山と言っても小学生でさえ1時間もあれば
登り切れてしまうような山。

と、いうわけで、
ひとまず富士山に登ったことがある
友達に聞き込み調査。

吉:「夏休み富士山登ろうと思うんだけどさ!」

友:「お!いいね!!誰と行くの〜?」

吉:「高校の野球部の後輩とヒッチハイクで行くんだ!」

友:「えっ?」

吉:「麓までヒッチハイクで行くの!」

友:「あ、そうなんだ…(ちょっと引き気味)」

吉:「白足袋で登って、山頂で野宿からのご来光を目指す!」

友:「えっ?!(だいぶ引き気味)」

吉:「え、そんなやばい?笑(ヘラヘラしてる)」

友:「それやばいよ。(真顔)」

そんなこんなで呆れられながらも
最低限のアドバイスをしてもらって、
僕はさらにワクワクしていた。

そして、
ドンキホーテでカロリーメイトを
大量に買い、「これで非常食には困らない」と
とても安易な行動にでたのであった。

つづく。

 

 

全国の勉強会情報!
http://www.gap-sports.net/seminar/

GAP公式LINE@!友達申請は無料です!

img_7552

 

ブログ用