お久しぶりでーす!

現在、アメリカ留学中のえーながです!

 

 

今まで僕一人の力でブログを書いてきましたが

そろそろ疲れてきましたので

今回はゲストをお呼びしております!

一人目のゲストは、、、

山口淳士さんです!

山口淳士
中京大学体育学部卒業後、渡米。BOC-ATCを取得。Texas A&M大学 Commerce校でも2年間勤務。現在は帰国し大手企業内フィットネスジムで社員さんの運動指導などを行なっている。
詳細はこちら↓
http://www.chainon.me/profile/atsushi/淳士さんはGAPのセミナーイベントでもお世話になった上に

GAPで行っている英語勉強会の講師としてもお世話になっています!

 

 

↑英語勉強会の様子です!

そして、もう一人ゲストを呼んでいます!

二人目のゲストは、、、

尾形藍さんです!



尾形 藍
高校卒業後、テンプル大学ジャパン校に入学。その後、Eastern Washington大学へ編入。大学卒業後ATC取得し、日本のスポーツ整形外科に半年勤務。2017年8月からTexas A&M大学Commerce校に勤務。主に陸上・女子バスケを担当。


藍さんはまさに今僕がお世話になっているトレーナーさんです!

お二人ともATCを取得されており、英語もぺらぺらです!

今回はそんなお二人に英語の勉強法についてお伺いしたいと思います!

渡米したきっかけとは?

永長
お二人ともよろしくお願いします! 

山口さん
よろしく!

尾形さん
お願いします!

永長
 お二人ともTexas A&M大 Commerce校(以下TAMUC)に勤務なさっていた、 もしくは、なさっていますが繋がりはあるんですか?

尾形さん
うん!TAMUCから仕事のオファーを受けてから、淳士さんにお話を伺って今の仕事を受けるのを決めました!

永長
なるほど!トレーナー業界はどこでつながっているか分からないですね!

山口さん
そうだね!

永長
まず、最初にお伺いしたいのですが、お二人が渡米したきっかけはなんだったんですか?

山口さん
渡米の1番の理由は『ATCになりたかったから』。

永長
それはいつ頃から思っていたのですか?

山口さん
元々トレーナーっていう職業を最初に知ったのも、ATCの人が書いたテーピングの本を高校生の頃に読んだのがきっかけで、ずっとアメリカに行くことと、アメリカでトレーナーになることは夢の1つとして頭にあったのよね

それから、大学在学中に色んなトレーナーのセミナーとか講演会に行って、『あぁ、こんなトレーナーになりたいな』と感じた人たちの多くがATCだったのよ。

最終的に大学4年で進路を決めるってときに、『今死んで一番後悔するのは何だ?』と考えて、アメリカに行かなかったら後悔するな、と思ったのが渡米する決め手です。


永長
ある意味ATCに導かれていたわけですね!藍さんはどうですか?

尾形さん
私は高校1年生の時にアスレティックトレーナーになることは決めました。

”どうしたらアスレティックトレーナーになれるのか”いろいろ調べている時に、アメリカのアスレティックトレーニング学部の学習内容を知って、日本よりアメリカで学ぼうと思ったのが渡米のきっかけかな。


永長
高校1年生の時からアスレティックトレーナーになることを決めていたんですか!?

尾形さん
うん!でも、それだけじゃなくて、ある説明会でATCの方にお会いして、『日本よりアメリカの方が実技を身につけられる』という話も聞いて、より意思が強くなったね!

 

 

永長
なるほど!お二人ともATCに憧れて渡米されたわけですが、渡米時に不安はなかったですか?

山口さん
語学の不安は、渡米前は全然なかったです!
『行ってしまえばどうにかなるし大丈夫!』っていう根拠のない自信しかなかったです(笑)

永長
僕もそのパターンです(笑)

山口さん
渡米してから、自分の語学力のなさに凹みまくって、実際大変だったけど、どうにかなりました(笑)

永長
同じく、自分の語学力には凹んでいます・・・。

尾形さん

私は高校の時から独学で英語の勉強を始めていたから、不安はなかったかな!

それでも、高校卒業後にすぐ渡米するのは両親にとても心配されたので、まずテンプル大学に行きました!

イースタン・ワシントンに編入する頃には、英語力に心配は全くありませんでした。

 

 

※写真はテンプル大学ジャパンキャンパス。
テンプル大学はアメリカの大学であるが、東京にもキャンパスがある。東京のキャンパスでも授業は全て英語で行われる。

永長
さすが藍さんですね(*_*)

尾形さん
そんなことないよ!

渡米前の英語の勉強は重要か?

永長
ずばり、渡米前にしっかり英語の勉強しておくべきだと思いますか?

尾形さん
リーディング・ライティング力は日本でしっかり伸ばしてから渡米した方がいいと思うよ。

ATCになるには、アメリカで授業とらなきゃいけないわけだし、単位を取るには必要不可欠なこと!


永長
スピーキングとリスニングも必要そうな気がするのですが?

尾形さん
スピーキング・リスニングは渡米してから自然と伸びるから、そんなに事前にやっておかなくても平気だよ。

永長
淳士さんはどう思われますか?

山口さん
もちろん、渡米前にしっかり勉強しておくことに越したことはないです。

授業もそうだけど、大学・大学院関係なく、ATCになるには学校に入る必要があり、必ずTOEFLもしくはIELTSのスコアがいるからね!


永長
やはりそうですよね・・・。

分かり切ったことではあるのですが、英語という科目が嫌いで僕はなかなか勉強する気になれませんでした(笑)

これから留学を考えている方はしっかり勉強してから渡米してください!


山口さん
でも、英語を話せる話せないは渡米前はそんなに気にする必要はないと思うよ!

向こうへ行ったら話さざるを得なくなり、そこは気合でどうにかなります。

必死に言いたいことを伝えようと思えば、単語を並べて、どうにか通じます(笑)

永長
こちらが伝えようという姿勢を見せれば、アメリカ人も理解しようとしてくれますしね!

必ずしも英語力が必要ではない!?

永長
英語の勉強をするにあたり、目標があると勉強しやすいかなと思うのですが 渡米前にクリアしておいた方がいいスコアなどはありますか?

尾形さん
TOEFLなら最低60あればいいんじゃないかな

山口さん
僕の場合は大学院に入るためにTOEFL80点が必要だったから、それを目標にしてたかな。

永長
僕がいるTAMUCでも80点を必要とされます

尾形さん
それから、渡米してESL(※)に入るか大学レベルに入るかによっても求められる英語力は違うね。

永長
英語力なしで渡米するとESLで英語の勉強からにすることになるんですよね?

尾形さん
そこでリタイヤして帰国する人も多いのも事実です…。努力を怠らない人ならやり抜けると思いますが。

永長
必ずしも、英語力がないと留学できないというわけではないということですね。

山口さん
個人的には、ATCになるには必ずアメリカに行かなきゃいけないので(立命館という選択肢も今はありますが)、語学力が上がってからというのは、よほどお金と時間に余裕がある人以外は、さっさと行った方が良いと思います。

永長
渡米して集中的に英語力を上げるという選択ですね!環境が変れば、英語を勉強せざるをいけなくなりますしね!

 

※ESL…English as a Second Languageの略。大学にある語学学校のようなもので、TOEFLのスコアをクリアできていない留学生向けのクラス。TAMUCではELIと呼ばれ、僕も今受講している。

 

詳しくは以前のブログで↓
http://www.gap-sports.net/member-blog/17_1102/

 


LINE@では、質問や感想など何でも受けつけておりますので、是非ご連絡ください!

気軽にご連絡くださいね!

連絡はこちらから↓
(クリックまたはQRコードからアクセス!)

 

 

お知らせ

Golden Age Projectでは毎月学生トレーナー向け勉強会を開催中!

12月のテーマは『足関節のアスリハ』

選手の需要No.1の足関節の怪我からの復帰をサポートすべく皆さんで学びましょう!

詳細をチェック!!!

詳細バナー2