こんちには!アメリカに留学中のえーながです!

 

 

みなさんは体調崩していませんか??

 

僕は先週、喉の痛みと鼻水に苦しめられました。

 

気候が乾燥しているせいか、最近朝起きると喉が痛いなぁと思っていたら熱はないのですが声が鼻声になり、鼻水が止まらなくなりました。

 

完全にやってしまいました・・・。

 

あまり風邪は引かない方なのですが、アメリカに来るとダメなのかもしれないです。

 

以前にアメリカに来た時も、戻してしまうほど体調を崩してしまったことがあります。

 

異国だからこそ、体調管理には十分気を付けないといけないですね!

 

10月から始めたアメリカブログ。

 

今まで”アメリカの面白いこと・良いところ”をお伝えしてきましたがポジティブな部分ばかりお伝えしてしまったと反省しております。笑

 

いくらアメリカと言えども異国は異国。

 

物申したくなることはたくさんあります!

 

ということで、今回はアメリカの生活で物申したくなったことをお伝えしたいと思います!

 

【注意】お付き合いいただける方だけ読み進めてください。

 

 

①初日からアメリカの洗礼を受けた話

 

以前にも少しお話したのですが、アメフトのシーズンが始まる関係で通常の入居日よりもかなり早く寮に入居しなければいけませんでした。

 

その旨を事前に大学側に伝え、大学側から許可もいただき入居の手続きのために寮のフロントに入居する際に来てくれとメールを受け取っていました。

 

そして、自分が住むことになる寮がどのようなものか楽しみにしながら
言われた時間に寮のフロントに行ったわけです。

 

そしたら、まあ

 

”当然のように”

 

誰もいないわけです。笑

 

 

こうしてアメリカでサバイバルすることになったわけ・・・

 

仕方がないので、directorの方が大学側に電話して聞いてみると

 

”担当者が今日は休みだからどうにもできない”

 

というなんともいい加減な返事が返ってきました。

 

おいおい!俺は今日どこで夜を明かせばいいんだよ!

 

って感じで初日から洗礼を受けたわけです。

 

こうしてどうしようもなくなったのですが、、、

 

隣の寮に無理を言って入居させてもらえることに!

 

幸いまだ夏季休業中なので部屋は結構空いていたみたいです。

 

もともと住むことになっていた寮よりも綺麗な寮に住めることになり僕としては結果的には良い方向に行ったかなと思われました。

 

 

が!!

 

次の日、担当者から連絡があり

 

「なんで違う寮に住んでるの?勝手なことをしないで。1週間後に予定していた寮に引っ越してください。」

 

とのこと。

 

え???

 

あんたがちゃんと仕事してないからこうなったんだけど?

 

こうして僕は大学で一番ぼろくて古い歴史のある寮に放り込まれることになりました。笑

 

 

綺麗に映っている写真があったので寮の外観だけ載せておきます。

 

②あれ?鍵が??

 

そして、”由緒ある”寮での生活が始まったわけです。

 

アメリカのドアはどこに行っても大概そうなのですが、オートロックになっています。

 

その寮も例外ではなく、寮に入るためにはカードキー(学生証)をスキャンしないと入れないようになっていました。

 

住み始めて3日ほど経った日。

 

トレーナー活動を終わらせ帰ってきて寮に入ろうとするとカードキーが使えなくなったんです!

 

つまり、寮から締め出されたわけです。笑

 

その時は寮のフロントにも誰もおらず、どうしようもなくなった僕は、15分かけてまた大学まで戻り寮の担当課に相談することに。

 

カードキーを再度アクティベートしてもらいこれで一件落着かと思いきや、、、

 

明くる日も、その明くる日もカードキーが使えないという事態が発生。

 

寮のフロントに聞いても、

 

『分からないから、大学の担当課に聞いてくれ』

 

そして、大学の担当課に聞いても、

 

『分からない』

 

という返事。

 

じゃあ、誰が分かるんだよ。笑

 

※その後は臨時用のカードキーを借りて過ごしました。
最初の数日間はアクティベートしていたのが未だに謎です。

 

 

③待望の新築寮!、、、??

 

こうして夏休み中は”思い出に残る”寮に住んでいたのですが授業期間中は今年できたばかりの新築の寮に住めることになっていました!

 

そして、待ちに待った入居日。

 

ホテルのような寮にかなりテンションが上がりました!

 

しかし、部屋に入る時あることに気づいたんです。

 

部屋の扉はホテルのようにカードキーをかざせばロックが解除される装置がついているのにハードキーを渡されました。

 

試しにカードキーをかざしてみてもロックはかかったまま。

 

ハードキーで開けるしかないという状況。

 

大急ぎで寮を作ったようで、そこまで間に合わなかったみたいです。笑

 

そして、部屋に入ってみると

・なぜか火災報知器がまだ設置されていない

・なぜか片方の窓のブラインドがついていない(夕日直撃!)

などの不備を発見!

 

 

ブラインドの証拠写真。フロントに言って業者を呼んでもらいました。

 

とは言え、新築の寮です。

 

そこは見過ごすことにしました。

 

だた、これで終わらないのがアメリカ。

 

開館してから1週間もたたないうちに悲劇が起きます。

 

トイレが次から次へと故障の張り紙が張られていくではありませんか!

 

僕の部屋から一番近いトイレが故障すると

 

次の日は隣のトイレ。

 

そして、また次の日は・・・

 

と、結局フロアに10ほどあるトイレのうち1つを除いてすべて『故障中』の張り紙。

 

そして、これがまた故障してから修理が始まるまで時間がかかるのなんの。笑

 

1週間ほどこの状態が続きました、、、。

 

極めつけは1回の寮のフロントが雨漏りでビショ濡れになるという大惨事。

 

よくこんな寮作ったな、、、。

 

と半分もう呆れてしまいました。笑

 

 

他にもボヤ騒ぎで一夜に2回も火災報知器がなって外に避難させられたり、シャワーからお湯が出ない時があったりと、まだまだ言いたいことはありますが、全体的には満足した生活を過ごしています!

 

今までアメリカの良いところばかり取り上げてきたので今回はアメリカで困った話を書いてみました!

 

いかがだったでしょうか??

 

良くも悪くもこれがアメリカです。

 

LINE@では皆さんからのご感想・ご要望など何でも受けつけておりますので
是非お気軽にご連絡ください!

 

 

それでは、また来週ブログでお会いしましょう!

 

お知らせ

Golden Age Projectでは毎月学生トレーナー向け勉強会を開催中!

11月のテーマは『ジュニア期のトレーニング』

体の使い方の“うまさ”はジュニア期で決まる。

だからこそトップアスリートを将来見たいというトレーナーにこそジュニア期のトレーニングについても知ってほしい。

まずは詳細をチェック!!!

詳細バナー2