お久しぶりです!みなさん、お元気ですか?

えーなが@アメリカです!

 

 

とうとう野球のシーズンが終わってしまいましたね。

 

日本もアメリカも白熱したプレイオフが展開されました!


賛否両論、いろいろな意見があるとは思いますが。笑


容易に想像できるように僕の周りは
テキサスのヒューストンに本拠地を置くアストロズを応援する人ばかり。

 

日本人の僕としては ダルビッシュ選手や前田選手のいるドジャーズを応援したい!という複雑な状況になっていました笑

※厳密には僕が今いるところはレンジャースの本拠地が近いのですが・・・
ま、同じテキサスとして応援するのは当然っちゃ当然でしょうか?


ちなみに!この夏にレンジャーズの応援に行ってきました!

 

 

これがレンジャースの本拠地、グローブライフ・パーク・イン・アーリントンです。
(フィールドの写真を撮り忘れてしまったため、外観だけです。すみません。笑)


僕が渡米する直前にダルビッシュ選手がドジャースに行ってしまったので見ることはできませんでした涙


ただし!

このオフに大谷選手がレンジャーズに来ないかなとひそかに期待しています!


そんなうまい話はないですかね??笑


では、そろそろ本題の方に行きましょう!


今回はトレーナーのことに書いてみようと思っています。


ですが!


なんの話から始めたら良いのか正直分かってません。。。


なので、話があっちこっちに飛ぶかもしれませんがご了承ください!


ブログ書くのって難しいですねぇ…(独り言)

どう書いたら多くの人に見てもらえるのか、いつも悩んでます
LINE@では皆さんからのご要望お待ちしておりますので
是非ご連絡ください!(僕のためにも笑)


すみません!

つい独り言が長くなってしまいました!

 

では、どんどん行きましょう!
(今回は少し真面目に書きますよ!)

 

①Season

以前にも少し触れましたが当初の予定では、8月28日に授業が始まるのに合わせて8月下旬に渡米する予定だったのですが諸事情により夏休み真っ只中の8月2日に渡米しました。


7月末まで大学の期末テストがあり、大慌てで実家の奈良に帰り渡米の準備をしなくてはならなかったのですが、それでも8月2日にに渡米する必要があった諸事情というのが、、、


アメフトのシーズンが8月3日に始まる


ということです。


これがそんなに重要なことように思えませんが
背景にはアメリカならではの事情があります。


ご存知の方も多いかもしれませんが、
アメリカではNCAAが練習時間や練習期間を制限しています。


つまり、1年中練習できるわけではないんです。

 

 

このようなマニュアルがあり、事細かにルールが決められています。


アメフトの場合、8月から最後の試合が終わる(12月ごろ)までしか練習ができないんです。


ですから、アメフトチームにトレーナーとして帯同できるのもその期間だけです。

※ウェイトトレーニングはオフシーズン中でも行えるので、フィジカルトレーナーなら話は別ですが。笑


日本で大学のアメフト部に所属してトレーナー活動をしている僕としては
せっかくならシーズンの最初から最後まで経験してみたいと思い、渡米日を早めました。


そして、渡米から3か月が経ちアメフトのシーズンも終盤になっています。

 

残すはあと1試合のみで、プレイオフに進出できればシーズンが続きますが進出できなければアメフトのシーズンが終わってしまいます。

※今のところ、プレイオフに進出できるかどうか微妙です。
なんとかプレイオフに進出してもらいたいところです!

 

そして、先月NBAも開幕しましたが、バスケのシーズンが始まろうとしています。


先々週ぐらいから女子バスケの練習が始まり、僕も帯同することになりました。


シーズンによって帯同する種目が変わる
というのはアメリカならではだと思います。

 

うちの大学だと、アメフト、バレー(女子)、バスケ(男子・女子)、サッカー(女子)、陸上(男子・女子)、ソフトボール(女子)などがあり、様々なスポーツでトレーナー活動ができます。

競技にによって体つきであったり、男女の違いなどがあるので
選手にストレッチをしているだけでも学べることがたくさんあります!

②Summer Camp

というわけで、さっそく8月3日からトレーナー活動が始まったわけです!


すでに3か月前のことなので記憶が曖昧になっていますが、
思い出しながらアメフトのSummer Campでの活動を振り返りたいと思います!


アメフトに関わったことのある方ならご存知かもしれませんが

 

「さあ、シーズン・インだ!練習するぞ!」

 

と言って練習が始まるわけではありません。

 

まず最初にトレーナーとして大切な仕事があります。

 

”脳震盪のベースラインテスト”

 

です。


かなり接触の激しいスポーツですから、頭部外傷のリスクも非常に高いです。


実際に今シーズン同じ地区の選手が試合中の事故で亡くなっています。R.I.P.


ですから、ベースラインテストを受けていない選手は練習ができません。

 

 

SCAT5など大きく分けて3種類のテストが行われました。


でも、100人ほどの選手を抱えるチームです。


トレーナーチーム総出でベースラインのテストを行いました。


僕は英語が全くと言っていいほど話せなかったので、ただ見ているだけになってしまいましたが…。


2日間に分けて6時間ほど(?)かけて脳震盪のテストを終わらせて
いよいよ練習開始です!!


練習は早朝から始まります。

 

以前テキサスを紹介した時にカラッとしていて気温の割りに過ごしやすいと言いましたが真夏の昼間だと40℃程度まで気温が上がります。笑

 

なので、早朝の涼しい時間帯に練習がありました。

 

だいたい朝6時くらいに起きてフィールドに向かい、練習の準備をします。

 

練習は片付けも含めだいたい11時くらいまでに終わります。

 

それに加えて、午後は2時間ほど怪我をした選手のケアやリハビリをする treatmentという時間がありました。


その生活が月曜日から土曜日まで続き
日曜日はtreatmentだけ行うという感じでした。


寮もキャンパス内にあるので、毎日が合宿のような感でした。笑


まあ、でも、それだけ練習に打ち込める環境が整っているということだと思います。


というわけで、今回はこの辺りで終わります!


少し真面目な感じで書いてみましたがいかがだったでしょうか?


LINE@では、質問や感想など何でも受けつけておりますので、是非ご連絡ください!


連絡はこちらから↓

(クリックまたはQRコードからアクセス!)

 

次回は、もう少し具体的なトレーナー活動の様子をお届けしようかなと思います!

 

 

お知らせ

Golden Age Projectでは毎月学生トレーナー向け勉強会を開催中!

11月のテーマは『ジュニア期のトレーニング』

体の使い方の“うまさ”はジュニア期で決まる。

だからこそトップアスリートを将来見たいというトレーナーにこそジュニア期のトレーニングについても知ってほしい。

まずは詳細をチェック!!!

詳細バナー2