こんにちは!GAP東京のえーながです!

もうすぐハロウィンですね!

日本でも年々規模が大きくなり、渋谷は交通規制がされるほどですよね!

渋谷のドン・キホーテはガッチリ儲けているとか笑

渋谷にお住いの人からすればたまったもんではないそうですが…

ハロウィンの本場にいる僕はどうやって過ごすのかと聞かれますと・・・

まだ決まっておりません。笑

トレーナーチームでハロウィンパーティーをするみたいなうわさも聞きましたが まだよくわかっていません・・・!

少し前置きが長くなりましたが

America Blog第3弾は
『これぞuniversity!』と称し

アメリカと日本の大学の違いをお届けしたいと思います!

まずは、僕が今通っている大学の名前から!

実はまだ言ってなかったのですが

Texas A&M大学 Commerce校 (略称 TAMUC)

で勉強しています!

一応、読み方は

”てきさす えー あんど えむ だいがく こまーす こう”

”テキサス A&M 大学 コマース校”

です!!

校章はこんな感じ↓↓

ライオンがモチーフになっていて

競技によらずチーム名はLIONSと呼ばれています!

チームカラーは黄色と紺色で、個人的にはとても気に入っています! ^^

ちなみに、今年8月に開催されたGAPのイベントの際に ご登壇いただいた山口敦士さんもこの大学でトレーナー活動をなさっていました!

ここで注意していただきたいことがあります!

それは”コマース校”というところです。

コマース校とついているということはですね Texas A&M大学の本校ではないんです!

本校はカレッジステーションという街にあり コマースからは車で3時間半ほど離れたとこにあります。

本校はとても大きな名門大学で留学生もたくさんいるそうですが 僕がいるのは違うので勘違いしないでくださいね!笑

ここまで話をして、よく受ける質問があります。

ダントツ1位です笑

みなさんも気になった人が多いのではないでしょうか?

 

”A&Mってなに?” ”A&Mってなんの略?”

 

という質問です!

何回も聞かれて正直うんざりしているところもありますがちゃんとお答えしますよ!!笑

答えは・・・

Agricultural(農学) and Mechanical(機械工学)

でした~!

日本で言うところの、”農工大”という感じだと思います!

ここからはテーマに分けてお話していきたいと思います!

※ここまででかなり長くなってしまったので、今回書き切れなかったことは次回に持ち越しになるかもしれせん。
計画性がなく申し訳ないです…。笑

①『やっぱり広い』

タイトルの通り、アメリカの大学ってやっぱり広いんですよね!

どれくらい広いかというと・・・

これがキャンパスマップです↓↓

地図だとイメージがつきにくいかもしれませんが、かなりたくさんの建物がキャンパスにあるのが分かってもらえたでしょうか??

 

B33の建物に食堂があるのですが、食堂で朝ごはんを食べて 教室があるB16の建物まで向かうのに5分ほどかかります。

 

今住んでいる寮から練習があるアメフトのスタジアムまでだと 15分ほど歩いていかないといけないので、かなり健康的な生活をしています!!

 

分校でこの広さですから他の大学はどれほど広いんだ!?って言いたくなりますよね!

ちなみにですが、

『じゃあ、アメリカの大学生は結構歩くから健康的なんじゃないの?』

と聞かれると、答えは

『ノー!』

です。

キャンパスマップをよく見てもらうと分かると思いますが、 ”パーキング”だらけですよね??

 

もちろん歩いている人もいますが、 基本、みんな車を持っていて車で移動してます!

さすが車社会!

といったところでしょうか。笑

なので、みんなあまり歩かないです。笑

②『どんな寮に住んでいるの?』

・・・

と続きを書きたいところなのですが、ここまででかなり長くなってしまったので今回はこの辺りで筆(?)を置きます!

(締め切りが迫っているという理由もありますが笑)

次回はどんどん大学紹介していきたいと思います!

また、みなさんからの質問などにお答えできるようにLINE@を作りました!

”こんなことをブログで書いてほしい!”

”こんなことを知りたい!”

などなど

なんでも受け付けておりますので、お待ちしております!!

登録はこちらから↓↓
(クリックまたはQRコードからアクセス!)

 

では、また会いましょう!

※これは実際に僕が撮影しました!笑

お知らせ

Golden Age Projectでは毎月学生トレーナー向け勉強会を開催中!

11月のテーマは『ジュニア期のトレーニング』

体の使い方の“うまさ”はジュニア期で決まる。

だからこそトップアスリートを将来見たいというトレーナーにこそジュニア期のトレーニングについても知ってほしい。

まずは詳細をチェック!!!

詳細バナー2