こんばんは!

GAPマーケティング担当の梅木です。

今日はめちゃめちゃ暑かったですね!

いやー夏は確実に近づいています!

海!

山!

川!

そして。。。

GAP勉強会

8月31日の勉強会まだまだ参加者募集中です(^^)/

夏と聞くと。。。

キャンプとか行きたいですね。

GAPでキャンプ大会とかバーベキューっていうのもいいかもしれませんね(^O^)

さて、前置きはここまで。

今日あった出来事について話したいと思います。

今朝家を出て、

数百メートルほど自転車を漕いだところで、

朝日に照らされたきれいな田園風景に出会いました。

あんまりきれいなので写真を撮ろうと思い、

「携帯携帯」

とポケットを探ったのですが、

「あれ、忘れてきたー。」

家に忘れてきたことに気付いたのです。

「まあいいやー」

戻るのも面倒だったので、家には引き返さずに学校へ向かいました。

普段は何気なく使っている携帯。

英語の勉強をしているときに

分からない単語があるといつも辞書アプリで調べるのですが、

「あー、この単語わからない。調べよう。。。あ、携帯忘れてきたんだ」

とか。

「今日のサークルの集会場所どこだっけ。○○に連絡して聞こう。

そうだ、携帯ないんだ」

という具合に、いろんな場面で使いたくなるんですね。

でも、なければないで図書館の辞書を使えばいいし、

友達には直接聞きに行けばいい。

ただそれだけで済む問題でした。

でも、携帯は便利ですから、

必ずしも必要ないときにでも使ったりしているんですね。

もちろん、仕事を始めたら携帯を手放すことはビジネスマンとしてできないかもしれませんが、

携帯なくてもいいなーと何となく感じた一日でした。

思い返せば中学生の途中までは携帯なんか持ってなくて、

それでも楽しく生活していたんですね。

昔の人はどうやって生活していたのだろう。

もちろん、今更手放せませんが、

携帯のない生活も悪くないんじゃないかと思わせられた出来事でした。

梅木