最近、何かと話題になっている
プロサッカー選手の長友佑都選手。

今回は長友選手に関係する名言をお伝えします!
※アモーレではないです。笑

今回紹介する名言はコチラ!!

『成功は人の表面を飾り
失敗は人の心を豊かにする』

これは、長友選手の祖母からの手紙に書いてあったそうです。

失敗は成功に劣らないものを得られ、失敗を恐れず挑戦する事の重要性を感じるこの言葉。

この言葉について考えていきます。

長友選手は有名な選手ではなかった!?

IMG_7779

今やプロサッカー選手としてイタリアのクラブチームであるインテルに所属し、日本代表にも選ばれている長友選手。

数々の成功を成し遂げていますが、長友選手はもともとそこまで上手い選手ではなかったようです。

—————————-
〜長友選手のこれまで〜

愛媛県生まれの長友選手。
サッカーを始めたのは小学1年生の時だそうです。

・小学6年生の時に愛媛FCジュニアユースのテストを受けるも不合格。

・中学時代はU-15全日本ユース選手権で県3位の成績を残す。

・サッカーの強豪である東福岡高校に進学し、2年生でレギュラーにもなったが、地区選抜などには選ばれず、全国的に無名だったためスポーツ推薦はなかった。

・指定校推薦で明治大学に入学し、サッカー部に入部。

・入部早々に椎間板ヘルニアで試合に出れず、スタンドで応援する日々が続き、ストレスでパチンコなどの遊興に溺れる時期もあった。

・実姉や大学の同窓生の叱咤激励でケガと向き合い、ケガを乗り越え、全日本大学選抜やユニバーシアードにも選出されるまでに。

・その後FC東京、ACチェゼーナでプレーしたのち、現在のインテルへ。

・インテルでは半月板損傷も経験

挑戦し続けて失敗も成長に!

IMG_7780

長友選手はズバ抜けてすごい選手ではありませんでした。
大学時代はケガをきっかけに遊興に走ることもありました。

他にもたくさんの出来事があったはず。
数々の失敗をし、挫折を味わった長友選手。

しかし、1つ続けたことがあります。

それは…

挑戦することです!!

長友選手は何度も挑戦してきました。
挫折しても次でまた挑戦。

このように挑戦できたのは

『成功は人の表面を飾り
失敗は人の心を豊かにする』

この教えがあり
失敗もプラスに考えられるからだと思います。

その結果、現在の輝かしい成功があるのではないでしょうか。

まとめ

誰もが全て成功できるなんてことはありません。
人生において何度も失敗することはあります。

しかし、失敗は成功に劣らないものを得ることができます。

『成功は人の表面を飾り
失敗は人の心を豊かにする』

ぜひこの言葉を胸に
どんどん挑戦していきましょう!

 

ブログ用1