Golden Age Projectのみなさま

こんにちは^^

わっきーです。

いきなりの話題で失礼しますが。。。

僕のことをトレーナーだと思っていない人が

たくさんいるみたいです。笑

 

いちおう・・・

3日は運動指導をしているんですよ。笑

パーソナルトレーニングとグループ指導。

やってるでしょ?意外と。笑

今日はそんな僕の
運動指導の あり方 を

お話ししたいと思います。

やり方ではない。

あり方。

僕の指導のモットーは

クライアントが自分でトレーニングやエクササイズを

出来るように伝えていくこと。

クライアントを『わっきーがいないとダメ』

というふうに依存させないこと。

正直。

『あるところを超える』までは

この指導は難しいです。

でも

『あるところを超える』とものすごく楽。

どんどん結果が出ていきます。

15年あった肩凝りがなくなったり

10キロやせたり

朝起きるのも辛かった腰痛がなくなったり

硬かった身体が前屈で地面をさわれたり

言葉は悪いですが

勝手に結果は出ていきます。

そして

ものすごく喜んでいただけています。

きっと僕の指導を受けてくれている方々は

僕がいなくなってもきっと自分の体は守れるはず。

 

きっと。たぶん。

そう言うのには訳があります。

僕は個人も集団も指導する際には同じポイントを

押さえてお伝えしています。

自分の体が今、どうなっているのかを伝えて、

どうすればなりたい自分になれるのかを

伝えていくこと。

そして

少しずつなりたい自分になっていくことを

実感してもらうこと。

すると自信をもてるように。

自分でも変われるんだ!!

って自信を持ってくれるんです。

自信を持つとだんだんと

自分の行動や体に責任が持てるようになります。

クライアントさんが

自分の体に責任を持てた時。

言葉を変えると

クライアントさんが自立した時。

結果は驚くほどはやく出ていきます。

先ほどお伝えした

 『あるところを超える』

それは依存から自立に変わる瞬間です。

ここを超えることが出来たら

本当にクライアントさんの望む結果に

ぐっと近づく。

そんなことを思いながら

指導しています。

きっとこのことはGAPのみなさんにも

言えることなんじゃないかなと思います。

みなさんひとりひとりが

なりたい姿を見つけそれに向かって努力する。

努力して少しずつ成長しているのを実感し

そして自信をつけていく。

自信がついてくると

誰かのせいにするんじゃなくて

自分で責任をもって行動できるようになる。

つまり自立できる。

自立できる人財。

きっとこれからの時代を創っていく人です。

ただ最初から自立なんてできない。

依存してもいい。

でも自立できるように

コツコツがんばりましょう。

自立できるようにがんばってるけど

まだ依存している人と

依存しているのに気づかない人だと

成長の度合いが違いますからね。

えらそうなことを書きましたが

僕もまだまだ依存しまくりです。苦笑

でもでも

自立できるように微力ですがガンバッテマス。

今週も共に育っていきましょう。

   本気で仲間を応援する。

   本気で仲間に応援される。

  最幸の瞬間を最高の仲間と共に。

   Golden Age Project

今日も最後までお読みいただき

ありがとうございました。

Golden Age Project ZGM

国士舘大学トレーナー講座 講師

脇坂大陽

【 過去のブログ内容 】

  

  昔のわっきー

  Long Love Letterを書き始める前の
  僕の記事です。アホな内容が多い。笑

     Long Love Letter

  大好きなGAPの運営メンバーへの
  ラブレターです。真面目に。本音で。
  そして毎回、本気で等身大。

今日の過去のおススメ記事

 昔のわっきー より

【 3年前の夏はたくさん汗をかいた 】

もう1年半以上の前の話。

GAPのイベントの講師に

大学4年生を立てました。

イベントまで彼はものすごく努力しました。

たくさん追い込みました。

きっと当時は僕のことが嫌いになったと思います。笑

でも

そんな彼が今ではGAPのひとつの地域を支えるような

存在になっています。

なつかしい。

振り返ると人の成長が嬉しいですね^^

そんな話。

続きは・・・こちら