GAPのみなさま

こんにちは。

わっきーです。

暑くて湿度の高い日が続きますが

体調は崩していませんか?

僕たちの仕事は元気が大事です。

元気じゃない人にストレッチとか

運動を教えてもらっても効果出なさそうですよね。

常にベストパフォーマンスを発揮できるように

日々の積み重ねが大事ですよね^^

そしてもう1つ大事なのが
考えることを積み重ねること。

これ、ものすごく大事です。

今日のお話は『考える』についてです。

僕も日々、考えて行動して

うまくいけば

『もっと』うまくするためにはどうすればいいのか

うまくいかなかったら

『どうやったら』うまくいくのか

を考えています。

なのでGAPのメンバーに仕事を

お願いする時は何のためにそれをするのか

『目的』を伝えるようにしています。

そして『やり方』に関しては

事細かに伝えないようにしています。

なぜか?

それは考えてほしいからです。

やり方を教えたら

考えなくても出来てしまう。

考えて成長するという機会を

提供したいなって思ってるんです。

だから僕から依頼があった時に

こんな質問をされると思います。

『●●をしたいんやけど出来るか?』

『どうやったら出来ると思う?』

『どういう手順でやれば出来る?』

『それじゃあ、手順に期限決めてみて。』

きっとこの依頼があった時は固まると思います。

でもこれがいいんです。

考えるキッカケになるから。

今まで考えたことがないことまで
考えるから。

僕はみんなにビジネスや雇用先を

提供することはできません。

それは今の僕に力がないから。

 ※これから力付けていくよ。まってて^^

でも今でも渡せるものはあるんです。

それは『考え方』と『考える環境』です。

きっとこれがあれば僕の支援がなくても

企業から来てほしいと言われる人財になれると思います。

僕もまだですが

起業するキッカケになるかもしれません。

『考える。』

当たり前のように聞こえる言葉ですが

知らず知らずのうちに考えることをやめていませんか?

もう一度言います。

僕にはまだ力がない。

でも考えて成長してもらえる環境はプレゼントできる。

だから僕はみんなに成長できる環境を

全力でプレゼントします。

振り返れば社会に出て僕がもらった仕事は

全てゴールだけでした。

そこまでの道のりは勝手に考えて実行しろ!と。

それが僕に合っていた。

例えば

ここで売上50万の売上をあげろと

がらんと何もない部屋を見せてもらって言われたこと

ゴールだけ見せられて

そこまでの道筋は自分で考える。

これがキッカケで僕はしっかり『考える』ことを始めました。

僕はどこでも生きていける自信があります。

どんな分野でもどんな産業でも。

苦労はすると思うけど

考えることができるので

どこでも生きていける自信があるんです。

僕は最終的にこの自信をみんなに持ってもらえるように

なってほしいなって思っています。

なぜか。

本当に人生を切り開けるような感覚があるから。

誰か一人に

何か1つに

依存するのではなく

自分の足で立てるから。

考えること。

簡単なようで忘れがちです。

どうすれば出来るようになるのか?

どうずればもっと成長できるのか?

これもまた一緒に考えていきましょう。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

いい一日を。

いい一週間を。

Golden Age Project ZGM

脇坂大陽