GAPのみなさま 

こんにちは。

ZGMのわっきーこと脇坂です。

いつも読んでいただいてありがとうございます。

体調は崩していませんか?

体が資本ですからね。大事にしてください^^

さて突然ですが

富士山に登ったことはありますか?

世界遺産の富士山です。

僕は先週の金曜日、土曜日と富士山に登りました。

GAPのメンバーとともに登りました。

GAPメンバーのサポートは今年で2回目ですね。

73人で登り

僕以外のGAPメンバーは各班へ1人ずつ

サブリーダーとして帯同。

途中8合目の山小屋では

参加者にストレッチ、マッサージ、テーピングなどを

心を込めて実施しました。

そんなサポートもあり73名全員が登頂!!

誰一人欠けることなく富士山の山頂にそろいました。

登ったみなさんは

本当に素晴らしい経験をさせていただきましたね。

企画し誘っていただいた山口さん

スポンサーのフラスターさん

一緒にご参加いただいたみなさまに感謝感謝ですね。

ありがとうございます。

今回の富士登山で

この上なく嬉しかったことがあります。

褒められたんです。

僕が褒められるのはもちろん嬉しいです。

ニヤニヤしながら「ありがとうございます」と

全てポジティブに受け入れます。

でもそんなの比じゃないくらいの喜びでした。

参加された方々から

気さくで本当に素晴らしい若者だった。

彼らがいればこれからの日本は安泰だ。

リーダーシップがあってみんなを引っ張ってくれた。

などここには書ききれないくらい

GAPのメンバーへの

たくさんのお喜びのお声をいただきました。

仲間が褒められることって

こんなにも嬉しいものなんですね。

そして気づきました。

GAPの運営でがんばってくれている仲間は

本当にリーダーシップもあり社会で活躍できる

力がついているんだろうなと。

うぬぼれじゃないですが

僕は心からメンバーを誇りに思っています。

ホンマに素晴らしいと思います。

いつもありがとうございます。

さて富士登山。

今回も僕は登山隊のリーダーをしました。

10人を1つにまとめあげて頂上を目指す。

僕は3年連続3回目のリーダー。

富士登山のリーダーをするにあたって

ものすごく大事にしていることがあります。

『最悪の事態を想定する。』

ポジティブな性格の僕ですが、ポジティブの裏側には

こんな思考があります。

もしチームのメンバーが倒れたら・・・

大きな岩が転がって来たら・・・

自分が高山病になったら・・・

嵐(アイドルじゃない方)が来たら・・・

頭の中で想像できること全てに対して

先に手を打っておきます。

だから当日、安心して登れます。

僕の尊敬するトレーナーの岩崎さん。

体幹トレーニングセミナーのサポートをするために

一緒に会場へ行ったことがあります。

最初にすること、何だと思いますか??

会場のチェック?

休憩?

精神統一?

いえいえ。

AEDの場所を確認に行きました。

これぞプロです。

最悪の状態を想定し

最高のパフォーマンスを発揮する。

ここが大事なんです。

普段の生活やトレーナー活動、GAPの運営に関しても

最悪の状態の対処方法を考えておくことが大事だと思います。

さて今日はこのあたりで。

ありがとうございました。

Golden Age Project

ZGM 脇坂大陽