Golden Age Projectのみなさま

こんにちは^^

わっきーです。

毎週火曜日。

朝活をしています。

8:00からBDもりしーとカフェでMTG。

MTGとは名ばかりで7割くらいは笑い倒しています。笑

基本的には

仕事を含めた人生の進捗状況のシェア。

なので

GAPの話をすることもあれば

トレーナーの話もしたり

なぜ、もりしーはモテないのかを話したり・・・

こんなささやかな時間が幸せだって感じます。

同じ志を持つ仲間と時間を過ごすこと。

ホンマにいいな~ってほっこりと思います。

今日は最近読んだ本のことを書こうと思います。

『あたらしい働き方』  本田直之さん

どんな本か知りたい人はAmazonかなんかで

調べてみてくださいね。

この本を読んでいて分かったのですが

世界にはいろんな企業があり

いろんな働き方があります。

僕の想像を

はるかに超えている仕組みをもった企業が

たくさん紹介されていました。

例えば

こんな働き方、どうですか?

1日6時間勤務。

9:00~15:00

15:00に仕事は終わり。

給料は他の企業と同じ水準。

素敵じゃないですか?

働く時間が短くて

給料をいっぱいもらえるんだから

めっちゃええやん!!

と思った方。

素直なご意見ありがとうございます^^

いいですよね。

でも少し考えてみてください。

6時間労働にも関わらず

給料が他の企業と同じくらいということは

最低でも同じだけ会社は売上を残さないとダメですよね。

そうじゃないと会社は給料を払えない。

単純に考えて同じ売上をあげ続けるには

他の企業と同じくらいの仕事量。

つまり他の企業が8時間かかってやることを

6時間でやらないと同じ結果は出ない。

社員ひとりひとりが

8時間の仕事を6時間でしっかりとやりきる。

そしてその能力を持った人だけが就職できる。

6時間労働。深いですね。

あとはパタゴニア。

アウトドアウエアのパタゴニア。

ここは海の近くに会社があり

いい波がくると仕事を中断して

社員がサーフィンに行くそうです。笑

また別の会社は出社時間が決まっていない。

働くのは何時間でもいい。

そんな会社もあるそうです。

いいな~

サーフィンし放題やん!

朝、寝放題やん!

って思いますか?

僕はそうは思いません。

タイムマネジメントできない人にとっては

本当に辛い仕事だと僕は思います。

だってダラダラ過ごして一日終わる。

もしくはずーっとサーフィンをしている。

すると何にも成果がない。

成果がないから昇級しない。

いや

そんなのはクビでしょ。笑

つまり自由にやらせてくれる会社は

結果を出すということに責任も重いです。

全部マニュアル化されやる順番まで

決まっている仕事の結果責任は

自由にやらせてくれる会社よりは

重くないと思います。

もしかしたらこれからの時代。

上に書いたような新しい働き方が

どんどん増えるかもしれませんね。

そんな時代に対応できるように

能力と人間性を磨き準備しておくこと。

準備ができていれば新しい働き方が出来る。

僕は進みますよ。

いえ、僕らは進みますよ。

おもろい未来を創っていきましょう^^

   本気で仲間を応援する。

   本気で仲間に応援される。

  最幸の瞬間を最高の仲間と共に。

今日も最後までお読みいただき

ありがとうございました。

Golden Age Project ZGM

国士舘大学トレーナー講座 講師

脇坂大陽