Golden Age Project のみなさま

こんにちは。

わっきーです^^

昨日、Facebookをウソ記事にて賑わしました。笑

250を超える『いいね!』。

そして30件の誹謗中傷と意外にイケてるねのコメント。

自己満足の写真に反応していただき嬉しい限りです。笑

今後も笑いのとれるおもしろ自己満足写真をあげていこうと

心に誓いました。

さて。

今日は国士舘大学からの更新です。

10月の頭からまた講座が再開しました。

一般の方向けのフィットネスの講座です。

おかげさまで1月以降の開講も決定しました。

今日はそこの指導で学んだことです。

しばしお付き合いください。

参加者の方が

『先生に教えてもらったこと毎日やってるよ。

 やると調子がいいんだ。ありがとう。』

そう嬉しいお声をいただくこともあれば

『もっと筋トレがしたいんだよね。

 ストレッチとかさ別にいいからどんどん

 トレーニングだけさせてよ。』

というお声もいただきます。

正直、後者の声は悔しいです。

自分の伝えたいことが伝わっていないのだから。

でもそれが参加者の『声』なのです。

ここには真摯に向き合わなければならないなと

感じています。

きっとこの文章を読んでくれるGAPのみなさんからすると

ストレッチを含めたコンディショニングの重要性は

理解されていると思います。

 ・ケガを防ぐため

 ・トレーニングの効果を上げるため

 ・ニーズを満たすため

そのために僕はストレッチを指導し

家でもできるようにお伝えしてきたつもりです。

でもそれは僕のやってほしいことを

押し付けてたんだろうな・・・

伝わりきれていなかったんだろうな・・・

って今は感じています。

トレーナーとして大事なこと。

クライアントの立場に立って

本当に必要なサポートをすること。

必要以上に介入しても行けないし

介入してほしいところに介入しないのも

いけないと思うんです。

難しいのはそこの見極め。

そして集団で指導するのであれば

どこを基準におくのか。

どうやって深い動因(したいこと、なりたい姿)

を見つけ出し、そこの応援を出来るのか。

正直、難しいです。

でも楽しいです。

自分が成長しようと努力しているのを感じられるから。

僕は価値観の違う参加者の動因を聞きつつ

全員の動因を叶えられる方法を伝え、指導していくこと。

これができるようになりたいなって思い

集団指導のお仕事も受けました。

得意じゃないって思っていたからこそ受けました。

僕には本当になりたい姿があります。

それは幕末の松下村塾のようなチームを創ることです。

そのためには色んな仲間に伝わるような

伝達力が必要だと感じています。

今のままじゃまだ足りない。まだまだ足りない。

だからこそ

そのスキルを向上させたい。

この仕事に向上させる可能性があると感じたから

本気で取り組もう。結果を出そう。

そんなふうに感じています。

なりたい姿はありますか?

そのなりたい姿に近づくための努力をしていますか?

なりたい姿?

ないよ。。。

と感じる方。きっと見つかります^^

大丈夫、安心して。僕がついてるから。

努力をしていない人。

大丈夫。努力していないことに気づけただけでも前進。

気づけたら出来る確率はあがるから。

僕にはなりたい姿がある。

だからそこに向かって努力する。

共に育ちましょう^^

GAPのミッション。

20年後の世界のスポーツ健康産業を

牽引する人財を共育すること

共に育つで『きょういく』

僕が教えれることはほとんどありませんが

共に育つことはできます。

共育しましょう^^

今日も最後までお読みいただき

本当にありがとうございました。

   本気で仲間を応援する。

   本気で仲間に応援される。

  最幸の瞬間を最高の仲間と共に。

Golden Age Project

ZGM 脇坂大陽