Golden Age Projectのみなさま

こんにちは^^

わっきーです。

先日、ついに開催しました。

GAP鬼合宿。笑

※僕は大学時代、鬼と

 呼ばれていたこともあります。

 なので未だにその名残で

 ケータイのアドレスは『鬼の領域』です。笑

さて

この合宿は次の代表を目指す4人が

GAPひみつきちに集合。

2泊3日(本気なのは1泊2日)寝食を共にし

GAPの代表になるために

 マインド

 リーダーシップ

 マーケティング

 マネジメント

を学びました。

いやー。熱かったですね。

うん。相当熱かった。

宝谷が教員になる前の最後の仕事として

GAPに残してくれた『ログポース』。

これを使い熱くなりました。

今日はそこで出た話の一部をみなさんに

シェアしたいと思います。

突然ですが・・・

マニュアルとスタンダードの違い。

ご存知ですか?

そしてGAPにはどちらかが存在しています。

マニュアル。スタンダード。

さてどちらでしょう。

そしてこの2つは何が違うでしょうか??

GAPにあるのはスタンダード。

マニュアルはありません。

マニュアルというのは

その通りにしなければならない。

それ以外のことをしなくていい。

これがマニュアルです。

この“マニュアル”があれば組織としては

どこを切っても同じなので非常に運営しやすい。

マネジメントもしやすいです。

でもGAPにはマニュアルはありません。

逆に

スタンダードというのは“基準”です。

こちらを明文化しました。

最低限ここは超えてくれ。

超えてるんだったら何をやってくれてもいい。

というのがスタンダードです。

これを前名古屋代表の宝谷と明文化し

そしてログポースという超大作の資料に仕上げました。

繰り返しになりますが

GAPには運営のマニュアルはありません。

運営のスタンダードがあります。

正直、マニュアルにしてしまった方が

運営全体をチェックするのは圧倒的に楽です。

やっているかいないかを

項目を設けてチェックすればいいのだから。

でも

どこの地域も同じ内容だったら面白くない。

そう思いませんか?

GAPとして大事にしているところは基準とし、

その上のレベルでお互いに共有し高めていく。

どうやったら

勉強会の参加者に喜んでもらえるのか。

どうやったら

講師の先生がやりやすい環境を創れるのか。

どうやったら

自分たちの活動をたくさんの方に

知っていただけるのか。

どうやったら

自分たちを応援してもらえるのか。

どうやったら今より良くなるのかを考えて行動し

そして新しいスタンダードを創っていきましょう。

今、僕らが試行錯誤でチャレンジしていることは

3年、5年後のGAPのスタンダードになっていく。

スタンダード。

FacebookのGAP-JAPANで公開しています。

運営メンバーのみ確認できるものです。

確認してみてください。

そしてもっとこうすればいい!!

そんな意見を下さい。

共に育ちましょう。

   本気で仲間を応援する。

   本気で仲間に応援される。

  最幸の瞬間を最高の仲間と共に。

今日も最後までお読みいただき

ありがとうございました。

Golden Age Project ZGM

国士舘大学トレーナー講座 講師

脇坂大陽