こんにちは。

わっきーこと脇坂大陽です。

いつも読んでいただいてありがとうございます。

昨日まで熱海近くの避暑地で夏休みを満喫していました^^

うちのボスと一緒に行ったのですが、二人でBBQをしながらビール片手に

熱く将来を語りました~^^

気がつけば空き缶が15本転がっていました。笑

夏×肉×ビール×夢=最幸のひと時♪

みなさんもぜひご一緒にいかがですか?^^

僕の予定はいつでもOKです!!

誘ってくださいね♪

さて今日も熱くわっきー通信書いていきますね!!

今日はこの動画^^

http://www.youtube.com/watch?v=RfHIIxE-JP0

はい。僕が宮本さんの指導を受けながらスクワットをしています。

スクワット。

トレーニングという言葉を聞いて連想する種目ベスト3に入っているような言葉ではないでしょうか??

僕はスクワットが・・・あまり好きではありません。笑

スポーツをする上で、大事なのは分かってるんですよ。

でもキツいから苦手なんです。

ま、私事はおいておいて・・・笑

スクワットを解説していきます。

スクワットはどこを鍛えるトレーニングでしょうか??

答えは脚+コアです。

膝と股関節の屈曲と伸展に関わる筋肉が使われるのはイメージしやすいと思います。

例えば

大腿四頭筋

ハムストリング

臀筋

などですね。

でもそれだけではなくて、重量の重さに関わらず

多少なりとも腹圧が高くなります。

つまり腹圧が高くなるのでコアトレーニングというわけです。

ただ今日はあえてこのコアは置いておいて、特に脚のどの部分に効果があるのか

お話ししていきますね。

脚に効くのは分かると思います。

分からない人は今、スクワットを20回位してみてください。笑

図書館でも食堂でもお構いなしで20回、さーレッツトライ^^

・・・きっと脚がだるくなる感じが出ると思います。

ではもう少し細かく意識していきましょう。

だるくなった、キツくなったのはどの部分ですか?

ももの前

ももの裏

おしり

ふくらはぎ

人によって違うと思いますが、僕が指導してきて一番多かったのは

ももの前 という人です。

つまり大腿四頭筋を使うのが得意な人が多いということです。

ただ足幅や足の指の向きを工夫することによって今までと違う部分に

効かせることができます。

その代表的なのが

足幅を広くして(ワイドスタンス)つま先を外に向ける(股関節外旋)状態での

スクワットです。

このエクササイズは 臀部 に効果があると言われています。

実際にやっていただくと分かると思いますが、オーソドックスなスクワットよりも

お尻が動いているのを意識できると思います。

少しいつもと違う動きをするだけでもこれだけ効果が変わるので、みなさま!

ぜひ、実践してみてください。^^

ポイントは外旋です。

さて今日はスクワットについてお話ししたので

次はベンチプレスとか胸周りのトレーニングにフォーカスしていきますね^^

Tシャツをカッコ良く来たい男子、必見です。笑

ではまた来週です~^^

楽しみにしておいてくださいね!!

【 今日の用語 わっきー的まとめ 】

◇ボス

浦上大輔

通称だいすけさん

JCCAの理事長です。

2年前の夏。僕の人生を大幅に変えてくれた人です。

熱いんすよ。この人^^

◇スクワット

キングオブトレーニングとも呼ばれている。

大きな注意点は

◇膝の曲がる向きとつま先は同じ

◇つま先よりも膝が出ないようにする

くらいですかね。

色んな方法がある。

ちなみにシッシースクワットに関してはつま先よりも

膝が前に出る。ものすごく出る。出まくる。止めどなく出る。笑