gapan

 

こんにちは!
GAP大阪のぽんこと中田結衣です(^^)

 

今日は5のつく日にGAPが配信するメルマガ『GAPAN』の配信日です!

 

すでにご登録いただいてる方には最新のGAPセミナー情報などを配信させていただいています。

 

こちらではGAPANのバックナンバーを少しだけお見せしたいと思います。

 

今回はGAP、OBの森川さんの「GAPトレーナー講座」をご紹介します!

 

GAPトレーナー講座

 

こんばんは!
Golden Age Project BDの森川です。

 

今回は呼吸の必要性についてお伝えします。

 

みなさんは呼吸がどのような仕組みで行われているか
知っていますか?

 

「空気を吸うと、肺が勝手に膨らむ!」と
考えている方はいませんか?
しかし、呼吸の仕組みは意外と複雑なんです!

簡単に説明をすると

肋骨の間、または肋骨の周囲にある筋肉が
収縮することで、胸腔内の圧力が変わり、肺がふくらみます。

 

そして、その筋肉がゆるみ、
肺が元に戻ろうとする弾性の力が働き、

空気が吐き出されるんですね^^

ということは、肺そのものの機能はもちろんのこと

 

その呼吸に関わる筋肉の働きも、とても重要になってくるんです!

※呼吸に関わる筋肉を調べてみましょう!

個人的には「身体運動の機能解剖学」という本がオススメです。

現代は、パソコンでの仕事が基本の世の中。

椅子に座った状態での不良姿勢が原因で
呼吸に関わる筋肉が固くなってしまうと呼吸が浅くなり、
やがては呼吸器の疾患へと発展してしまいます。

 

呼吸筋の中で重要なのが
【横隔膜、内肋間筋・外肋間筋、腹横筋】

そうです。

コアを安定させるための筋肉は

 

呼吸においても重要な筋肉なんです。

 

なので、上手く腹圧がかからないクライアントには
呼吸のエクササイズから始めることをお勧めします。

 

Golden Age Project Branding Director 森川稔之

 

終わりに

 

どうでしたか???

今解剖生理を勉強されている方にはとても良く、
勉強しようと思う内容だと私は思います(^^)

 

GAPANをきっかけに勉強を始めてみませんか?
最後までお読みいただきありがとうございました!