目の当たりにした!
日本とラオスのフィットネスクラブの違い

こんにちは!!
ばーらです!

今回も海外のフィットネスクラブについて書いていきます。

 

thairaos2

前回、タイ・ラオスの
フィットネスには日本のクラブと違い、

『ストレッチスペースがない』

ということをお伝えさせて頂きました。

施設のスペースのほとんどは
トレーニングマシンでいっぱいでした。

まだまだストレッチなどの
セルフケアの文化が根付いていないのでは?
と、考えさせられる違いでした。

今回はその他にもあった
日本のフィットネスクラブとの
大きな違いについてお伝えさせて頂きます。

まずイメージして欲しいのですが、

日本のフィットネスクラブを
利用している人はどんな人でしょうか?

おじいちゃん?
おばあちゃん?
ムキムキの男性?
それとも、綺麗なお姉さんでしょうか?

それとも、、、

 

thairaos3

 

こんな人たち!?!?

はい。少々ふざけました。
気を取り直して。

おそらく日本の場合は老若男女問わず、
たくさんの日本人がフィットネスクラブを利用しています。

では、ラオスの場合はどうでしょうか?

ラオスも 実は老若男女問わず様々な世代の方が
フィットネスクラブを利用していました。

しかし、日本と大きく違う点が1つあります。

それは、

『現地の人があまり利用していない』

と、いうことです。

日本では日本人と外国人の割合は9:1ですが、
ラオスの場合はラオス人と外国人の割合は1:9。

真逆の結果と言えるほど、
ラオスの人はフィットネスに通っていませんでした。
(女性が無料で使える格安のフィットネスクラブもありましたが。)

見学したラオスのフィットネスクラブの現状を見る限り、
ラオスの国の人にはフィットネス産業は
まだまだ根付いていないのではないか?
と、感じました。

 

thairaos

 

このような話を10/16(日)にさせて頂きます!
参加費無料になっているので、
ご興味のある方は是非お越し下さい^_^

 

 

 

 

共同開催!!~ラオスの現場から~ADDP 第 1 回報告会                                  「途上国における障害者スポーツの現状と課題 を考えるシンポジウム」

 

ラオスでお世話になったADDP様と共同でイベントを開催させていただきます。

途上国でのスポーツ活動にご興味のある方はぜひご参加ください。

 

日にち: 10/16(日)

詳細はこちら↓↓

ラオスの現場から~ADDP第一回現場報告会

場所:東京都新宿区新宿1-5-4YKB マイクガーデン 会議室 2 階
時間:13:00(登録開始)13:30-16:30
参加費: 無料

申し込み方法:Info@addp.jp宛に参加意向を示したメールをお送りください。担当:中村


たくさんのお申し込みお待ちしております!!

 

ばーら