こんばんは!GAP東京のゆっけです!

私達はタイに4日間ラオスに3日間、

行ってきました!その中でラオスにimage

行った時の体験をふまえて身体障害

に伝える難しさ感想を書きたいと思

います!

突然ですが皆さんはトレーナー目線で

海外に向けたことはありますか?

私達は、今回GAPでの初海外進出と同時に

自分自身も海外でトレーナー活動をする

事が初めてでした!

 

そして私達は身体に障害者を持たれている

スポーツ選手や働いている人たちに対して

活動を行ってきました。

そんな中、いつも日本の高齢者や一般の

方、選手にストレッチを教えていますが

あらゆる障害を持たれた方に教えるのが

初めてで不安ばかりでした。

私は今回、クッキー工房で働いてる方と

美容室で働いてる方に誰でもできるよう

な体操やストレッチを教える担当でした!

では、なぜ不安だったのでしょう?

体が不自由な人と言ってもいろんな方が

いらっしゃいます。

目が見えない視覚障害。

耳が聞こえない聴覚障害。

言葉が言えない言語障害。

それ以外の方もたくさんいます。

そんな様々の方にどうやってストレッチ

を教えるのか。うーん、難しい。

しかし不安はそれだけではありませんでした。

なんと、日本語はもちろんのこと

英語も通じないのです。

皆さんならそのような方々に

どのように教えますか!?

僕はその伝える難しさを学んだのです。

普段できないような体験をさせてもら

いました。

相手によって伝え方は変わる。

しかも、いかに分かりやすく簡単で、

効果的なものを伝えられるのか。

そこも含め全て勉強になりました!

次に行く時はその難しさの課題を無く

して行きたいと思います!

私は今回本当に貴重な体験をしたと

強く感じています。それもGAPに、

入っていたからできた事。

もしかしたら、、、

これから入るメンバーは一緒に

活動ができるかも!

海外に興味ある人、大チャンス!

海外で活動を一緒にしているのを想像

するだけでわくわくしますね!

これ以上のいいお話を聞きたい方は

10/16の報告会に是非!

最後に………

ラオスの方々は本当に優しい!

世界共通なのは笑顔なんだと気付いた

時間でもありました!

次回!GAPの学生リーダーでもある

ばーらが自分自身の体験をふまえて

お話ししてくれます!!

お楽しみに〜!!GAP東京 ゆっけ

 

image

共同開催!!~ラオスの現場から~ADDP 第 1 回報告会                                  「途上国における障害者スポーツの現状と課題 を考えるシンポジウム」

ラオスでお世話になったADDP様と共同でイベントを開催させていただきます。

途上国でのスポーツ活動にご興味のある方はぜひご参加ください。

日にち: 10/16(日)

詳細はこちら↓↓

ラオスの現場から~ADDP第一回現場報告会

場所:東京都新宿区新宿1-5-4YKB マイクガーデン 会議室 2 階

時間:13:00(登録開始)13:30-16:30

参加費: 無料

申し込み方法:Info@addp.jp宛に参加意向を示したメールをお送りください。担当:中村

お申し込みお待ちしております!!