こんにちは!ばーらです!

わっきーさんと共にマレーシアの
クアラルンプールに行っておりました!

今回の目的は

ラオスチームの応援&サポートです!

昨年の夏からお世話になっている
ラオスチームの戦いを間近で見て来ました!
今回は観戦した競技の紹介を行っていきます!!

ASEAN Para Gamesとは?

東南アジアの国々の選手が集まる

障がい者スポーツの祭典です!

同時に開催される

Sea Gamesと共に

東南アジア圏では1番盛り上がる

大会と言われています!

駅や町中の至る所で広告などがあり、
その関心の高さが伺えました!


(駅にあった広告とマスコット)

 

 

競技紹介①:車椅子バスケ

言わずもがな、

パラの競技の中でも知名度の高い
車椅子バスケ。
通常のバスケットと同様のコート・人数で行われますが車椅子を使うということ以外で大きな違いが2点あります。

①ドリブル

ボールを運ぶために
膝にボールを乗せ、車イスを手でこぐ行為(プッシュ)
は連続で2回まで認められています。
3回行ってしまうとトラベリングとなります。

その代わりに、ダブルドリブルがないので
上記のトラベリングにならない限り、
ドリブルを続けることができます。

 

②点数制

 選手たちは障がいの程度により
1.0から4.5点まで0.5点刻みでクラス分けされています。
出場している5名のプレーヤーの点数の合計点は14点以内と定められています。
これは障がいの重い人も軽い人も等しく試合に出場するチャンスを与えることが

目的だそうです!!

どの選手を起用するかの戦略がとても大切になってくるので、

プレー以外にもそのあたりを考慮しながら観戦するととても面白いです!!
今回はラオスの試合を
3試合観戦しました!!!
ストレッチなどの指導を昨年させて頂いたので、
知っている選手も何人もいました!
自然と応援にも熱が入ります!
 

(戦況を見守るわっきーさん)

しかし、今回はリーグ戦は全敗…
3on3も3位決定戦で11-12という僅差で敗れ

4位という結果に…

まだまだ東南アジア圏内でも
タイなどの国に対しては力の差を感じました。

 

競技紹介②:ウエイトリフティング

下肢障がい者がベンチプレスの重量で勝敗を競っています!

通常のベンチプレスは地面に脚をつけて行いますが、この競技ではベンチプレス台に全身を乗せて競技を実施します!

(ラオス選手ではありませんが
実際の動画です。)
僕が到着した日になんと!
ラオスチームが銀メダルと銅メダルの
2つを獲得していました!!

(観戦できなかったのがとても残念。。。)

銀メダルを獲得したピア選手は

世界ランク6位で
ラオス人で唯一リオパラリンピックに
出場した選手です。
東京パラリンピックでの活躍にも
期待がもてます!^^
(ピア選手と)

インタビューさせて頂いたので後日載せさせて頂きます!

次回はゴールボールについてとブラインドサッカーについてお伝えするとともに
パラ競技を観戦して感じたこと書きます(^^)

 

参考参照:
日本パラリンピック委員会
http://www.jsad.or.jp/paralympic/sports/powerlifting.html

 

 

告知

10月勉強会

サッカー・ラクロス・ゴールボールなど様々な競技の現場で
活躍する森川稔之氏による体幹トレーニングの講義です!

現場で結果を出すための内容が盛り沢山です!

詳細は下記の画像をクリック!!