学生トレーナーの1日のスマホ使用時間

平均1日4時間

この4時間をもしトレーナーの勉強に使えれば・・・いや、30分でも使えれば夢に近づくはず。

スマホを使って学びを深める方法を紹介します!!

 

1:Twitterを使った筋肉の基礎の復習

2:あれ?なんだっけ?を解決するLINEを使った学習方法

3:組み合わせで効果を発揮!Twitter×LINE

 

 

1:Twitterを使った筋肉の基礎の復習

GAPで作った学生トレーナーの学びのためにツイッターのアカウント。

 

1時間に1回。
筋肉の起始と停止のクイズが出題される。

トレーナーになるにあたって筋肉の起始と停止を把握しておくのは必須。

ストレッチはこの起始と停止を離すから伸びる。
反対にトレーニングは起始と停止が近づくから最大収縮が得られる。

姿勢の歪みは筋肉が硬くなったり弱くなったりするから起こる。
硬い筋肉は起始と停止を近づけるように歪め、弱い筋肉は起始と停止を遠ざけるように歪む。

 

つまりストレッチの指導をするにも、トレーニングの指導をするにも、姿勢を整える指導をするのにも、起始と停止の把握が必要なのである。

 

 

2:あれ?なんだっけ?を解決するLINEを使った学び

いくら真面目に勉強しても残念ながら人間は忘れる生き物。
学生トレーナーも同じでいくら勉強しても使わないことは忘れる。
少しマニアックな筋肉の起始と停止、そして作用は忘れてしまう。

 

いや、学生トレーナーだけでなくトレーナーであれば誰しも
『あの筋肉の起始と停止なんだっけ?』とか
『どんなふうな筋繊維の方向だったっけ?』というド忘れはあると思う。

 

それを解決するのが!!
GAP公式LINE@

http://line.me/ti/p/%40pce5882z

 

なんと・・・
ラインのメッセージ入力の欄に筋肉の名前を入れればこの通り!!

 

しかも・・・筋肉の画像付き!!

※画像のない筋肉もあります。すみません!現在全力更新中!

 

その上・・・ひらがなでも出る!!

筋肉を正式名称に変換するのも面倒だと思うけれど、ひらがな入力でも対応!!

 

そしておまけ程度ではあるが・・・

〜〜きん、〜〜筋 という最後の『きん』と『筋』は入力しなくても大丈夫。
これで0.5秒くらい時間の節約になる。笑

 

あれなんだっけ?を解決するために使ってもらっていい。

同時に選手に指導するときに
大胸筋のストレッチは、この部分を伸ばしてるんだよ!
とビジュアルで説明するときに使うといいと総代表の脇坂は言っていた。

 

なるほど!
復習のためだけでなく選手やクライアントに伝えやすくするためにも使える。
便利なツールである。

 

 

3:組み合わせで効果を発揮!Twitter×LINE

GAPメンバーが学生トレーナーに最もオススメしたい使い方がコレ!

TwitterとLINEを組み合わせる方法である。

1 ヒマになってスマホを見る時は最初にTwitterで起始と停止クイズをチェック。
2 クイズを心の中で答える。
3 LINEで答えあわせ。

きっと2分もあればできてしまう。
すきま時間をどう使うのか。たった2分、されど2分。

一日何度もスマホを覗き込むだろう。そのときにささっとやる。
15回スマホを覗き込むなら30分の学びになる。

学びというものは机の上でやるだけではない。
現場で学ぶもの大事。
同時に今の時代。スマホを使い時間を有効活用しながら学ぶのも悪くないのではないだろうか。

 

 

緊急告知!!8月31日

GAPイベント 限界TOPPA

日本初のプロAT 岩崎由純氏  青学駅伝部トレーナー 中野ジェームズ修一氏

限界TOPPA